ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 子どもの不幸をネタにする教師たち | トップページ | 学力とは ~理科におけるエネルギーの学習=学習指導要領の解説を読もう~ »

35人学級のしくみは必要ない ~教員のばらまきには反対~

 学級の規模に関する判断は,文部科学省ではなく,財務省が正しい。

 単純な教員増は,教育の質の低下を招くことの方が心配である。

 35人学級の効果は,

 たとえば学力調査の結果,体力測定データの結果から分析してみればよい。

 少人数指導にすれば学力が向上するという単純なものではない。

 過疎地ならともかく,

 都市部で

 1学年に36人程度しかいない学校が,そもそも適正かどうか。

 35人学級なら,

 18人,17人の2学級になる。

 教師はたくさん必要になる。

 その効果がどれだけあるというのか。

 今,学校がみんな小規模化してしまって,

 学校の中で若い教師が育っていく環境が失われている。

 団塊の世代がまとまっていたころは,学校規模が大きく,若い教師が学ぶ機会も多かった。

 今は,初任者が単学級の担任,つまり学年主任をつとめる時代である。

 こんな学校に安心して子どもを任せられる親がいるだろうか。

 学校によって,新入学の生徒の規模はさまざまである。

 学校選択自由化の地域では,人気のある学校は常に定員いっぱいである。

 こういう学校では,いい教育はできないのか?

 魅力がないので入学希望者の少ない学校は,学力向上が実現しやすい学校なのか?

 定数は,弾力的に考えるべきである。

 40人学級でよい,と判断する学校は,40人でよいではないか。

 35人という数字は,中途半端なのである。

 36人なら,まだわかる。

 1クラスの人数は,どれだけが本当に「適正」なのだろうか。

 数字を1つだけあげてくれと言われたら,

 多くの教師は36人と答えると思われる。

 6×6,4×9,3×12,2×18・・・・機能に応じたさまざまな規模の集団ができる人数である。

 ただ,36人を上回ってはいけない,ということになると,

 37人だったら18人と19人の2クラスになってしまうのである。

 2クラスになってしまうのならば,37人の1クラスの方がやりやすい,という声もあろう。

 弾力的な運用が求められるのである。

 教員の「ばらまき」よりも,

 重点的な配置が大事だ,という考え方はまっとうである。

 ぜひそのようにしてほしい。・・・というか,実際にはそうなっている。

 学級の人数の規模は,実態として,学校によって様々である。

 今度は,学校の適正な規模を話題にしてほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 子どもの不幸をネタにする教師たち | トップページ | 学力とは ~理科におけるエネルギーの学習=学習指導要領の解説を読もう~ »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35人学級のしくみは必要ない ~教員のばらまきには反対~:

« 子どもの不幸をネタにする教師たち | トップページ | 学力とは ~理科におけるエネルギーの学習=学習指導要領の解説を読もう~ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より