ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 化石に近い教師の実像 | トップページ | 正体不明の「聖職者」擁護論者 »

体育科入試停止に教師は何を思うか

 教育ブログには,ずいぶん世間の常識や学校の常識とはかけ離れた意見が登場している。

 教師がそれを発している場合は,

 「やはりそういうおかしな教師がいるのだな」

 ということを納得させてくれる存在がある,ということだ。

 こんな趣旨の発言がある。

>体罰を伴う「指導」が異常な状態だと認識できない学校(学科),体罰を根絶できるかどうかがあいまいな学校(学科)に行かなくてすむように,市長と市教委が受験生を守った

 教師でなくても(教師でないからこそ?)気づくことだが,

 こういう「守り方」をするためには,当該高校の入試停止だけでは不十分であることが,なぜわからないのだろう。

 (異常な状態としての)体罰がこの学校だけで行われていたと信じているのだろうか。

 視野の狭さにあきれるばかりである。

 ただ,こういう思考形態でしか,自分たちを守れないのが教師のさびしいところでもある。

>よりよい学校づくりをする使命は,教師などにではない,生徒にこそあり,その責任は重大だ。

 体罰をふるうのは,教師である。

 そういう教師だとわかっていて,顧問を持たせ続けているのは校長である。

 そういう教師だとわかっていて,異動させないのは,教育長である。

 なぜ生徒の責任が「重大」なのか?

 「よりよい学校づくりをする使命が生徒にある」・・・・・・???

 元教師が何もわかっていないことを自ら証明するような発言をする場合は,

 「こういう人がもっと大勢現場からいなくなれば,少しは学校がよくなるかな」

 と期待をもたせてくれる存在がある,ということだ。

 体育科入試停止に,教師は何を思うか。

 多くの教師は,

 「入試停止では,何も変わらない」と考えているはずである。

 当該の学校だけのことを考えても,本当に「変われる」か?

 問題は,「体罰だけ」ではない,ということが,理解されていない。

 もっと根は深いのである。

 それが,学校現場というところである。

 橋下市長のリーダーシップは,すばらしい。

 しかし,学校現場は,この程度のリーダーシップでは,何も変わらない。

 内田樹もブログでふれているように,

 「ばれた学校だけ,大きな問題となった学校だけが損をする

 結果だからである。

 もし橋下市長が,長期的な視野で,

 公立高校を日本からなくすこと・・・

 すべてを私立高校にして,コストを下げ,授業料を税金でまかなう・・・

 といった政策を考えているのなら,話は別であるが。


 当該高校の生徒の主張は,まっとうなものである。

 体罰を犯した教師は,もちろん処罰を受けなければならない。

 しかし,責任は,校長や教育長にもそれにふさわしいかたちでとる必要がある。

 明らかに,監督して指導する責任を放棄してきたと,私は考える。

 
 「監督して指導している」ことにしているだけの,

 管理職のあり方や教育委員会のあり方が問われているのである。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 化石に近い教師の実像 | トップページ | 正体不明の「聖職者」擁護論者 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体育科入試停止に教師は何を思うか:

« 化石に近い教師の実像 | トップページ | 正体不明の「聖職者」擁護論者 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より