ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育観はごまかせない | トップページ | できる子もできない子も気に入らない »

教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為

 旧年中は当ブログをご覧くださりまして,まことにありがとうございました。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 文部行政をはじめ,教育におけるよい変化の年となりますことを祈念しております。

 
 さて,長野県の新年の教育ニュースは,

 問題教師の情報が異動先の学校に伝えられていない,

 ことが問題としてとりあげられていました。

 
 市町村教委と県教委の関係の問題もありますが,

 これは,管理職から管理職への情報伝達をすればすむ話だと思います。

 問題教師ほど「回転」は早いですから,

 どうあがいても,自分の学校にやってくる日が来ます。

 
 前の管理職は,正直に,一番大事な情報

 ~子どもへのわいせつ行為など,信用失墜行為にあたることの履歴~

 を次の管理職に伝えるべきです。

 
 ただ,こういう「マイナス情報」を,

 おそらく「教育的な配慮」として,伝えない人間が教師には多いのです。


 中学校に上がってくる児童の「問題」を,きちんと伝えない小学校教師が昔は多かったですね。

 指導要録という,公的な記録には,「問題」は記載されません。

 ですから,小中学校では,わざわざ,

 小学校の担任と中学校の新担任が顔を合わせて,情報交換をする会を開くのです・・・・・

 そんなことをしていない?

 それだけ,「信頼感で結ばれている」小中なら,いいですね。

 でも,より強い「信頼感」で結ばれるためにも,

 「引継」は大事です。

 
 小学校時代の「いじめ」など,情報によって,中学校で避けられる問題はいくつもあります。

 これを「伝えない」小学校教員の信念とはどのようなものでしょうか?

 
 「子どもを色眼鏡で見させない」

 そういう考え方をする人間ほど,強く子どもを「色眼鏡」で見ていたことが経験上わかります。


 中学校教師は,簡単にわかるのですよ。

 子どもは,小学校時代よりも,高い「言語力」にもとづいて,当時の状況を説明してくれます。

 
 「悪い情報は,教育をするのに邪魔な情報になる」


 という考え方がいるのは,「教育」を別の言葉に書き換えれば,
 
 「なるほどね」

 と思われるものになるでしょう。


 「悪い情報」を隠す

 これこそが,教育にとって本当に邪魔な行為なのです。

 
 小学校教育にとってネックなのは,

 「そんなにたくさんの問題があったクラスなんですね」

 と言われるのが嫌だから,「問題」を伝えない教員がいること。

 
 教科担任制の導入を,急いでほしいと思います。

 これで,硬直した6・3・3制度の見直しにもつながります。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 教育観はごまかせない | トップページ | できる子もできない子も気に入らない »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為:

« 教育観はごまかせない | トップページ | できる子もできない子も気に入らない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より