ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 | トップページ | 生徒からもらう年賀状から思うこと »

できる子もできない子も気に入らない

 小学校で「とてもいい学級で,何の問題も起こったことがない」なんていうクラスから中学校に進学してきた子どもは,決まって大きな問題を起こしてくれます。

 わかりやすい例は,

 「問題を起こさないようにしよう」という,変わったスローガンで学級経営されていたクラスの子ども。

 「問題を起こす」子どもがいるとクラス目標が達成されませんから,徹底的にたたかれます。

 我慢に我慢を重ねてきた子どもたちは,中学校で一斉にストレスを発散し出します。

 経験のある中学校教師は,事情がわかっていますから,

 別の方法での「ストレス発散」の道を教えたりしているうちに,

 いつの間にか子どもは落ち着いていきます。

 これを中学校でさらに蓋をしようとすると,非行や問題行動の爆発力が増してしまう。

 間抜けな小学校教師が,

 「小学校時代にはあんなに落ち着いていたいい子どもたちが」

 などと言い始めるのを想像しながら,

 「言いたいことが言えない超閉鎖空間からの脱出おめでとう」

 の気持ちで子どもに接していくと,

 やがて小学校教師へのストレートな不満も聞くことができて,次々に「収穫物」が増していくのです。

 このあたりのコントロールというか駆け引きは,小学校のことがわかっていればいるほどやりやすくなるのですが,初心者では難しいですね。

 中学校の教師は,近隣の小学校の運動会に1時間だけ参観に行くべきです。

 だいたい1時間で状況がつかめます。

 原因と結果の関係を理解するためには,とっても大切な情報があるのです。

 今日は,集まった親戚の方から,またつらい小学校時代のいじめの話を聞きました。

 いじめの対象は担任の教師で,その仲間に加わらないといじめの対象になる,という,

 崩壊学級の話です。

 どう考えても,「この人に責任を負わせるのは無理だ」という学級担任がいる。

 公立の小学校では,こういう問題への解決の方法がなかったのですね。

 新しいところでは,とにかく何でも「平等」でないと気がすまない先生の話。

 なぜか,「結果の平等」にこだわる。

 だから,「できる子」と「できない子」がうざったくて仕方がないらしい。

 生活や行動だけでなく,学力まで「みんな同じ」であることを理想とするようなクラスにおける

 同調性圧力の質は,想像の域を超えていました。

 「均一性圧力」がかかる学級の教育というのは,どんな結果を生んでいるのでしょう。

 最近はやっている「評価」の話を聞いても,

 「品質を一定にする」

 という製造業の発想で,何だか話を聞いているのもムカムカするような研究だったりする。

 おそらく今まで,「個性」「個性」と言いながら,だれもその意味を理解しないで教育をしていたようです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 

« 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 | トップページ | 生徒からもらう年賀状から思うこと »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できる子もできない子も気に入らない:

« 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 | トップページ | 生徒からもらう年賀状から思うこと »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より