ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 命を救うために必要な知識 | トップページ | 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 »

教育観はごまかせない

 教師が自分や「辞書」だけの概念の中に閉じこもり,子どもや他者からの批判に

 「辞書的には私は正しい」

 なんていってみたところで,

 それは教師の自己保身にしか見られない。

 「ひいき」を「気に入ったものをかわいがること」とわざわざ定義を示したうえで,

 「ハンディのある子ども」や「可哀想な子ども」に目をかけることは,「ひいき」ではない,

 と宣言してくれている人がいる。

 たったこれだけの言葉の中に,いくらでも突っ込みどころがある。

 まず,「可哀想な子ども」とは,どのような子どものことを想定しているのか?

 「目をかける」とは,あまりに「上から目線」の言葉ではないか?

 本人は気づいていないだろうが,

 「目をかける」を辞書で引いてみてもらいたい。

 何と書いてあるか?


>目をかけることは,「ひいき」ではない

 ・・・・・これが,当人の「国語力」の表れであるとともに,教育観のあらわれなのである。

 最も気に入らないのは,

 「ハンディのある子ども」や「可哀想な子ども」は,
 
 「気に入った子ども」には決して該当しない,という「宣言」である。


 特別な支援ということと,「目をかける」ことは全く次元の異なることである。


>実際の場面でも,ハンディのある子どもを特に援助してやることは,クラスを明るくします。

 明るいクラスは,教師が「仕事として」援助なんかをする前に,

 子どもが自発的に援助しているのだ。

 教師が「特に」援助するようなクラスは,危ない。

 「建前」が支配している閉鎖集団である。


>気に入った子を可愛がると思われる行為は、クラスの雰囲気を悪くします。

 
 小学校教師というのは,自分のクラスの子どもはみんな「気に入った子」だろう。

 自分の言うことにみんなが従うのなら(実際には,言うことを聞くべき大人は一人しかいない)。

 クラスの雰囲気は悪くならないが,学年の雰囲気は悪くなる。

 それは「ひいき」だからである。

 私は,「国語力」うんぬんは語らない。

 私は社会科の教師で,歴史を教えているから,

 外国人に対して,「国語」という教科名を口にすることすら恥ずかしいと思っている。


 ただ,「言葉はその人間を写す鏡である」と言うことは正しい。


>目をかけることは,「ひいき」ではない
 
 なんていう言葉が,すべてを物語っているわけである。
 
 来年こそは,恥を知る大人になってほしい。

 もう教師ではないから,どうでもいい,というわけではない。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 命を救うために必要な知識 | トップページ | 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育観はごまかせない:

« 命を救うために必要な知識 | トップページ | 教育に情熱をかけるのに邪魔になる行為 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より