ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 警察官と教員を比べてわかること | トップページ | 恫喝が大好きな教育ブロガーの本性 »

下村博文・文科大臣に即刻,実現してもらいたいこと

 それは,このブログではたびたびふれている,

 労多くして益なしの「観点別学習状況の評価」である。

 これが,教師の指導力の低下と子どもの学力低下を招いている元凶の一つである。

 高校の教師にとってはバカバカしくて,やっていられない「制度」の代表がこれ。

 でも,やらなければならないから,「適正にやっていることにしている」のがこれ。

 未履修問題との違いは,「やってない」わけではないこと。

 しかし,その趣旨通りに「やっている」かどうかはわからない。

 いろいろな問題があるが,中学校や小学校の教師は,これにまじめに取り組もうとしている。

 そして,テストが100点なのに,成績が5じゃなくて4なのはなぜか?という保護者の苦情に,真面目に対応している。

 だれも,テストの質を問おうとはしない。

 授業の質を問おうとはしない。

 その評価の根拠を問おうとはしない。

 なぜか。

 それは現場の教師なら知っている。

 観点別学習状況の評価をするためには,

 その評価を実施する意味があるような指導が実現されていなければならない。

 たとえば,子どもが「知識・技能を活用して,思考し,判断し,表現する」場面がなければならない。

 そんな授業が全く行われていないのに,評価が行われている。

 思考力・判断力・表現力を問う場面がないのに,どうして妥当な評価ができるというのか。

 日本には,暗黙の了解で,「ちゃんとやっていることにしていること」が多すぎる。

 即刻なくすべきである。

 では,どうするか。

 教師がどういう指導をしたかをきちんと管理する必要があるのだ。

 小学校では,「週案」のチェックを管理職が行っている。

 中学校では,どうか。そもそも,中学校や高校には,「週案」式の記録はなじまない。

 こういう問題もある。

 学校における授業の改善策など,作文ができる人にさせても,何の意味もない。

 一人一人の教員の指導力の問題である。

 私の学校には,全教科ではないが,「モニタリング」の仕組みがある。

 教師の指導力が,そのまま記録に残る仕組みの確立を急がなければならない。

 そういうことがすんでから,

 観点別学習状況の評価を,

 指導の過程で行うのなら,わかる。

 今はそれを,総括の評価にも使っている。

 練習も本番もない,「評価」がんじがらめの学習指導に,子どもはNOをつきつけている。

 こういう現場の問題を,塾の経営者だった下村大臣は,痛いほどよくわかっておられると思う。

 英断が下されることを期待したい。

 事務方にだまされないでほしい。

 丸め込まれないでほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 警察官と教員を比べてわかること | トップページ | 恫喝が大好きな教育ブロガーの本性 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下村博文・文科大臣に即刻,実現してもらいたいこと:

« 警察官と教員を比べてわかること | トップページ | 恫喝が大好きな教育ブロガーの本性 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より