ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「つまらない授業」という名の貧困な学習姿勢 | トップページ | 子どもの目が「能力主義」「成果主義」になっている »

受け身の人間ばかりをつくる教師が語る決まり事

 書いているものを読めば読むほど,その人がどういうタイプの人かがよくわかる。

 実際の指導を具体的に書いてしまっている愚かな人は,関係者はその内容を知っているから,「いいことしか書いていない」ことがばれてしまう。

 「書けないこと」が山ほどあるのが教育現場である。

 そして,「書けないこと」が山ほど起こるのも,教育現場である。

 書く量が減っている,書く頻度が減っている,これは

 「書けないことが頻発している事態が起こっている」などという勘繰りを招きかねない。

 また,「いいことをしたつもり」で,自分の指導を具体的に書いてしまっている愚かな人もいる。

 裸の王様が最後に味わう屈辱は,私には想像できない。

 自業自得と笑えるゆとりはない。

 さて,教師の中には,「受け身の人間」ばかりをつくるのが好きな人がいる。

 それなのに,「指示待ち人間が増えている」と嘆いている。

 自分がまいた種であることに気づけない。

 こういう「勘違い」に敏感であるためには,常に冷静に状況を観察することが大切である。

 子どもを感動させるのが大好きな人がいる。

 子どもに感動を与えることが好きだと,口先だけで言うのは簡単である。

 たとえば全国大会で最優秀賞をとり,感動を味わうことができるためには,何が必要か。

 映画や音楽を聴いて感動するのは,家でもできる。

 金を払えば,それを仕事にしている人から「与えらえる」。

 教育はそれではダメなのである。

 感動が大切だなどと公言するタイプの教師は,実は自分がそのことに酔うたことが目的だったりする。

 そういう「本心」が見透かされてしまっている教師は,子どもの近くにいない方が,子どもは本当の感動を手にできる。

 受け身の人間ばかりをつくる「原動力」は,

 教師による子どもに対する「評価」である。

 逆を行うだけで,教育のあり方は一変する。

 ただ,それに耐え得る教師があまりにも少ない。

 教師が教育を語れない理由がそこにある。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「つまらない授業」という名の貧困な学習姿勢 | トップページ | 子どもの目が「能力主義」「成果主義」になっている »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け身の人間ばかりをつくる教師が語る決まり事:

« 「つまらない授業」という名の貧困な学習姿勢 | トップページ | 子どもの目が「能力主義」「成果主義」になっている »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より