ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「調整役」をいじめる「部外者」の傲慢 | トップページ | 正確な分析・評価が自分だけに適用できない教師たち »

批判されない時代の教師がなぜ優秀に見えたのか?

 教師は,厳しい評価にさらされる時代を迎えている。

 それだけ教育の質が落ちてきていることに,危機感をもっている人が多いということでもある。

 しかし,厳しい目で見られているのであれば,それだけ教師は努力して,よりよい成果を残してきているはずだ,という見方もできる。

 逆に言えば,厳しい目が向けられなかった時代・・・・「先生」としてあがめられていた時代・・・・には,教師はもっと手抜きができたはずである。

 しかし,そういう時代の教師の多くは,「優秀」に見えた。

 どうして,教育の質は向上しにくいのだろう。

 あれこれ言われることがなかった時代は,教師が「伸び伸び」仕事をすることができたからであろうか。

 書類の量が少ない時代の方が,教師は子どもにかかわっていたのだろうか。

 今の私なりの考えはこうである。

 子どもの数が少なくなってきている。

 学級数が減ったり,1学級の生徒数が減っているのは,どこでもおこっている。

 子どもへのかかわり方は,以前よりも密になっているはずである。

 実はそのことが,子どもが伸びない原因になっている。

 子どもは,教師の力量を「過信」することで,自分の力を伸ばすことができていた。

 不思議な現象であるが,私にはそう感じられる。

 今,子どもが,教師の力量をより強く肌で感じることができるようになってきた。

 というか,教師の力量を等身大で見るようになってしまった。

 以前は,教師というのは「遠い存在」であった。

 しかし,クラスの人数が減ったことで,「近い存在」になった。

 そして,教師の力量が見えてきてしまった。

 教師たちは,「人数が少ない方が,きめの細かい指導ができる」なんて言っている。

 本当にそうか。

 そもそも,「きめの細かい指導」とは,どんな指導のことを言っているのか。

 表面的なことしか答えられない教師が多い。

 極端な話,「1対1」の教育を,公立学校の教師はどれだけ責任をもってできるのか。

 一人ひとりの子どもと,「1対1」の関係をきちんと築くことができるのか。

 できない教師が多い。

 このことが,子どもの側もわかるようになってしまった。

 小規模校では,教師の総数が少ないから,学校の教師集団も等身大で見えてしまっている。

 学校そのものに期待を抱くことが困難になってしまった。

 このことは,学校の存在価値そのものにかかわっている問題である。

 私も教師生活の半分は,公立学校の「学校神話」の中でくらしてきたから,よくわかる。

 「学校神話」は,すでに崩れ去ったのである。

 昔の教師に力量があったのか。

 決してそうではない(人もいる)。

 今と同じである。

 今より恵まれていたのは,「力量以上の見え方」がされていたのである。

 今の教師が不幸なのは,「力量以下の見え方」しかされないことである。

 最高でも今の力量である。

 この問題を解決するには,力量を向上させる以外に方法はない。

 今,中学校では平成20年版という,すでに4年も前に示された学習指導要領のもとでの指導を行っている。新しい教科書が使われ,内容が変わったのは今年度からである。

 まだ学習指導要領の改訂の趣旨が理解できていない教師が多い。
 
 「教科の専門性」があやしい。

 それを生徒に気づかれている。

 力量を向上させなければならない。

 それも,学校をあげて。

 そして,また,「学校神話」を作り出すのである。

 
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「調整役」をいじめる「部外者」の傲慢 | トップページ | 正確な分析・評価が自分だけに適用できない教師たち »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 批判されない時代の教師がなぜ優秀に見えたのか?:

« 「調整役」をいじめる「部外者」の傲慢 | トップページ | 正確な分析・評価が自分だけに適用できない教師たち »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より