ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「下」とか「上」にこだわる人間をだまらせる方法 | トップページ | 学校は無免許でも勤まる職場 »

下村新文科大臣に「主張」してほしいこと

 学校を設置するのは地方公共団体なのに,教員の定数の基準を決めるのは国である,

 つとめているのは市区町村の学校なのに,教員を採用し,異動を決め,給料を出すのは都道府県である・・・・

 うまくいっているからいいのだといえるかもしれないが,財源の問題をはじめとして,教育の制度にも大きな問題がある。

 文科大臣の立場で主張してほしいことは,

 子どもの数が減っているのに合わせて,学校の数を減らし,教育を充実させるべきだ,ということである。

 実際,学校の数が減っているだろう,と言われるかもしれない。

 それは,極端なところでは,子どもの数より教員の数が多い2つの学校を1つにするなど,

 だれがどう考えても無駄だし教育が充実しない,と判断されているところが多い。

 学校の統廃合は,地域の反対を生む。

 大切にしていた「母校」がなくなることへの抵抗は大きいはずだ。

 それでも,公教育には,教員や管理職の質の低下という大問題が横たわっている。

 優秀な管理職の数が足りない。

 これは,学校数を減らすことで,対策になる。

 子どもの数が少ない,ということは,教員の数が少ない。

 そこで学校運営上も,大きな支障が出ている。

 特に小規模校では,「仕事ができる人」にあらゆる負担がのしかかっている。

 そして,「仕事ができない人」「指導力に課題がある人」は,何も身につかないまま,年齢だけくっていき,いや,年齢と給料だけが上がっていく。

 もし,社会で大活躍している団塊の世代のエネルギーの源泉は,あの「規模の大きな学校にこそあったのだ」という自覚があり,それが何かの方法で証明できるのなら,一日も早くその意義を広めてほしい。

 学校を数を減らし,1校あたりの教員の数を増やせば,教員1人あたりの校務の負担が減る。

 設備に向ける費用が節約できる。

 全校生徒60人の学校も,600人の学校も,プールや体育館は1つである。

 ある程度の規模があった時代には,教員の研修も校内で充実したものが可能だった。

 今は,それができない。

 規模が小さく,仕事が多いので,研修で出張にでかけることも負担である。

 今,たった2時間の研修のために,1日つぶして出かけるような時代かどうかも考えてほしい。

 あの,規模が大きかったのが当たり前の時代,

 先生たちは,一人一人とかかわっていなかった,と言えるのか?

 私はけっしてそんなことはない,と断言できる。

 今,本当に小規模校で,大規模校と変わらずに子ども一人一人と教員はかかわっているのだろうか。

 そうではない学校は,必ずある。

 子どもの人数を減らしたから,子ども一人一人と向き合える,と考えるのは,大間違いである。

 話はそれるが,一人っ子なのに,親との会話がほとんどない子どものいるのだ。

 要は,教員に,子どもと向き合う気があるのか,ないのか,という話だ。

 学校の数を減らす。

 空いた施設は,生涯学習のためのセンターにする。

 子育ての応援のための施設にする。

 塾など民間の教育機関に開放する。

 学校には,体育館やプールなど,運動できる施設もたくさんある。

 有効利用の方法はいくらでもあるはずだ。
 
 下村大臣には,こういう「主張」をして,地方を動かしてほしい。

 「教育特区」を設定して,統廃合を積極的に進め,結果として「ういた税金」を自治体の判断で「特区」として使っていいなんて政策を,

 市町村合併を参考にして進めてほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 

« 「下」とか「上」にこだわる人間をだまらせる方法 | トップページ | 学校は無免許でも勤まる職場 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下村新文科大臣に「主張」してほしいこと:

« 「下」とか「上」にこだわる人間をだまらせる方法 | トップページ | 学校は無免許でも勤まる職場 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より