ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中学校の発表活動の「基盤」づくりとは何か | トップページ | そろそろ偽の評価の看板をおろすとき ~学力向上の足を引っ張る評価~ »

授業を堂々とサボれる保健室

 保健室の利用状況が,学校経営が健全であるかどうかの判断基準の一つになる。

 「いじめ」の第一感知者(発見者ではない)が養護教諭であるケースが多い学校もあろう。

 学校評価では,養護教諭の「はたらき」を対象とする項目はないと思われる。

 が,「関心外」であってはならない。

 不登校や不適応などの実態は,文科省がとりまとめている調査などではわからない。

 「保健室登校」で授業をまったく受けず,自習もしない,ただお話しして帰宅する,という生徒は,学校には出てきているので「不登校生徒」には含まれない。

 こうした生徒の実態を国が調査しない,ということは,

 国会議員が問題にしない,ということで,

 「関心のない」世界の話,というわけである。

 同じ公立学校でも,

 「保健室」のあり方は,学校によって大きく異なっている。

 養護教諭も学校の教員の一員であるが,

 学級担任をもたない,

 「保健」の責任者であるために,
 
 「教務」や「生活指導」や「進路」の担当にはならない,

 保健体育の教師と連携していない養護教諭は,授業もしない・・・・

 独特の,というか,特別の,ポジションである。

 生徒から見ると,怪我や病気にかかることがなければ,

 4月か5月の「健康診断」くらいでしかお世話になることがない。

 「健康な生徒」にはかかわりがない教師であるという認識もある。

 ある学校では,養護教諭よりもスクールカウンセラーの方が生徒の情報が入るようになり,養護教諭だけが知らないことがあったりする。

 職員室よりも保健室にいる時間の方が長い養護教諭は,一日,一度も顔を合わさない教員がいることもある。

 養護教諭がどうあるべきか,という「強い願い」を持っている教師は少ない。

 ということは,それだけ,そういう「問い」を抱いた養護教諭が「たよりにできる人」がいない,ということである。

 養護教諭によっては,はっきりと自分の仕事を割り切って,

 学校経営にはいっさい口出しをしない,と決めている人もいる。

 では,本当はどのような養護教諭が求められているのだろうか。

 「体の健康管理」より,「心の健康管理」の方が大切なのだろうか。

 私は,以前,「迷惑な養護教諭」という趣旨の記事を何度か書いている。

 多くの養護教諭は,よほどのベテランでない限り,「出しゃばる」と批判されないよう,自省する行動をとることが多い。 

 生徒をかきまわし,混乱させ,問題を深刻化する養護教諭の実態を耳にすれば,自分はああなってはいけない,と強く思うようになるはずである。

 しかし,養護教諭のかかわりが,「救い」のきっかけになる場合もある。

 養護教諭はどうあるべきか。

 正解はないと思うが,

 私がベストだと思うのは,中学校の場合,時期を区切って「学年所属の教員」として「学年会」にも必ず出席できる環境を学校がつくることである。

 保健体育の教師と連携をとって,授業ももつ。

 そして何より,担任教師が「ちょくちょく顔を出せる」保健室の環境をととのえてもらうことである。

 養護教諭には,コミュニケーション能力の高さが求められる。

 保健室に入ったはいいが,何も言い出せない中学生に出くわすこともあるだろう。

 こういう生徒にきちんと向き合える力はもちろん,管理職や一人一人の教員とも,意思疎通がスムーズにできる人であることも求められる。

 学校によっては,生徒よりも教師の方が病んでいる。

 保健室がそういう教師の「避難所」になるのはもちろん適切ではない。

 しかし,そういう教師も含めて,ときどき教師が休んでいる生徒の様子を見に来る,生徒の保健室利用状況を把握しに来る,そういう場になることが理想である。

 保健室が学校のどこに「位置」しているかも,実は案外,重要である。

 教室との位置関係,職員室との位置関係,校門や生徒昇降口との位置関係・・・。

 「学校(内)地理学」という「学問」があってもいいと思うが,これは余談である。

 
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ 
 

« 中学校の発表活動の「基盤」づくりとは何か | トップページ | そろそろ偽の評価の看板をおろすとき ~学力向上の足を引っ張る評価~ »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業を堂々とサボれる保健室:

« 中学校の発表活動の「基盤」づくりとは何か | トップページ | そろそろ偽の評価の看板をおろすとき ~学力向上の足を引っ張る評価~ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より