ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 商売ネタで教育ブログを汚すモラルハザード | トップページ | 法の精神を知らない人が書く学校像 »

あなたの学校では,「話の聞き方」を指導していますか?

 「素直さ」を他人から認めてもらえるような生き方がプラスになるであろうことは,多くの人が実感していることでしょう。

 ただ教師という職業の場合,「素直」でない側面がヤケに目立つことがある。

 もうそういう「目障りな人たち」がいなくなりつつある学校が多いかもしれませんが,

 「管理職の言うことにいちいち,ケチを付ける」タイプの教員がいる。

 一方の,「素直」すぎる教員というのは,「思考力がないのではないか」みたいな目で見られてしまう。
 
 だから,よくわからないながらも先輩のマネをして,いつの間にかそっくりになっていく。

 何かにつけて難しい顔をして,考え込んでいるようで,これが日本人らしい特徴でもあるのですが,自分のはっきりした考えは言わない。イエスかノーかがわからない話を延々とする人がいる。

 しかし,「素直っぽくなく生きる」ことが,何かステータスのようにふるまってきた人が,現場を去ろうとしている。

 思考停止の人が減れば,学校は改善への道を歩むことができるのです。

 今まで,研修を実施する担当だった事務の人たちは,

 「こんな研修に意味はあるか」

 「すぐに役に立たないではないか」

 みたいな批判にさらされ,「評価」が下がることを懸念して,

 逆に研修の質を下げてしまうという流れがありました。

 学校教育も,教員を対象にしている研修も,そんなに早く「効果」が現れるものではありません。

 「すぐできる~」という,

 学力に課題がある子どもが飛びつきそうな本に,

 教育の仕事を専門にしている教師までもが飛びつくのは,恥ずかしいものです。

 人の話の聞き方を,たとえば中学校ならどのように指導しているのでしょう。

 レベルは高いのかもしれませんが,

 私のところでは,

 「話している人がとても話しやすくなるような聞き方」を生徒に要求しています。

 「やってはいけないこと」は,あえて言わない。

 そうすると,何か問題がおこったとき,「それはなしでしょ」という声が生徒から上がってくる。

 やがて,「話しやすくなる」ことの意味も質的に向上していきます。

 「ただ静かにだまってじっと集中して聞いている」ことで,人は「話しやすくなる」のか?

 という疑問を感じてくれれば,ステップアップできる。

 研修というのは,どのように受けるのがいいのでしょうか。

 それは,

 自分が「研修を受けている」という意識をなくすことです。

 自分が,「研修をつくっている」。

 今,そこで実施されていることを題材に,自分にとっての課題をたくさんみつけておく。

 実際に考えたり,調査したり,実践してみるのは,研修から帰ってからのこと。

 研修では,「どのくらいたくさん自分の課題が見つかったか」がポイントになるのです。

 「自分は何をしなければならないのか」という自覚をもてたかどうかが重要なのです。

 ステップアップしなければならないのは,自分であることの自覚をもつ,

 子どもにそうさせるべきと思ったことは,自分でも実践する。

 これができるかできないかが,指導力不足が改善できるかどうかの大きな鍵となります。


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 商売ネタで教育ブログを汚すモラルハザード | トップページ | 法の精神を知らない人が書く学校像 »

教育」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたの学校では,「話の聞き方」を指導していますか?:

« 商売ネタで教育ブログを汚すモラルハザード | トップページ | 法の精神を知らない人が書く学校像 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より