ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「いじめ対応教諭」導入で「いじめ件数」激増 | トップページ | 子どもは教師を選んで態度を変える »

「責任」のスルーパスが大好きな学校づくりに荷担する行政

 ニュースが出てから,

 「私がもし『いじめ対策教員』になったら,どうやって仕事をするか」

 を考えながら,過ごしてみた。

 今は学級担任なので,「担任でなかったら」という想定をしなければいけないのだが,まずはそれが難しい。

 当然,授業を受け持っていない学年の生徒にまで,目を向けなければならない。

 まず,すべての生徒の名前と,生活上のアンケートなどのデータを頭の中に入れなければならない。

 所属している部活動と,そこでのポジション,出席状況,

 成績上の課題,

 過去の生徒間のトラブル・・・・・

 それらすべて,全学年のデータを頭の中に入れるのは,規模が大きい学校ではなかなか大変そうである。

 独自のアンケート調査をつくる。

 当然,親向けの調査もする。

 大津市の問題以後,すでに実施している自治体も多いようである。

 アンケート結果を見て,場合によっては呼び出して話を聞く。

 授業以外の時間帯で,呼び出して話を聞く時間というのは,中学校の場合,案外難しい。

 その時間をぬって,話を聞いている・・・・うちに,あちこちで問題が発生する。

 その問題の背景に,「いじめ」がからんでいないかどうかを瞬時に判断し・・・・・。

 ここまで考えて,

 「いじめ対策教員」は無駄である以上に,

 さらに学校教育の質や教師の質を低下させるものであることに気づいた。

 次の一文が,中学校教育を語る上で,最重要なことである。

 「いじめに対応できる能力」のある教師を,「担任をもたせない」でいることは,あり得ない。

 「いじめ対策教員」などという,担任をもたないで,「いじめ」の問題にかかわる「専門家」など,中学校現場には「いらない」のである。

 「担任をもつ」力量がない教師が仮に「いじめ対策教員」になろうものなら,問題の解決どころか,

 「泥沼化」しかねない重大な結末を招きかねない。

 生活指導が「充実した」中学校に勤務している教師なら,直感でわかることである。

 「事務方」=素人の発案なのか,どうかは,問い合わせてみればわかるだろう。

 「余った教師」をまわされて,「いじめ」に関わらせるのは,危険である。

 無責任な担任教師が,能力のない教師に問題をふって,課題が山積してくる。

 日本人が大好きな「責任のスルーパス」のオンパレードになる。 

 よくよく考えるべきである。

 そのうち,「いじめ対策教員の仕事マニュアル」ができるだろう。

 すでにその中身の想像はつく。

 しかし,まずやるべきなのは,一人一人の教員の意識改革である。

 そう。

 今この瞬間に,「いじめ」に荷担している教師がいる。

 こういう問題の解決に学校が努力しなければならない。

 
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「いじめ対応教諭」導入で「いじめ件数」激増 | トップページ | 子どもは教師を選んで態度を変える »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「責任」のスルーパスが大好きな学校づくりに荷担する行政:

« 「いじめ対応教諭」導入で「いじめ件数」激増 | トップページ | 子どもは教師を選んで態度を変える »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より