ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 記事の封印 | トップページ | 一般人は「気軽なコピペ」で嘆いていられることも・・・ »

教員採用試験に受かる人・落ちる人

 採用試験の2次の結果がぼちぼち届き始めています。

 あいかわらず,教員向きの人は落ちていて,

 「大丈夫か?」という人が受かっている。

 要は,「成績」が物を言っているわけでしょう。

 ペーパーで点数がとれる人が,圧倒的に有利。

 せっかく,「成績に表れない能力」とか「重箱の隅」とかいう問題に目が向くのに,

 教員採用試験に受かった人には「絶対の信頼をおきたい」人がいる。

 もう少しだけ視野を広めれば,

 「合格している人よりも高い指導力を発揮できる人」がいることくらいわかるはずなのに・・・・。

 「成績に表れない能力」とは,そういうことをさすのです!

 で,これがアドバイスになるかどうかわかりませんが,

 私なりの「合格のコツ」をお教えしましょう。

 「いい点をとる」という話は,もちろん別にして。

 私が見てきた教育実習生のうち,実際に先生になった人の多くは,

 「重い」人たちです。

 指導案をみっちり書いて,自分で話せばそれでよい,という感じの人。

 逆に,採用試験に合格できない人の多くは,

 「軽い」人たちです。

 指導案はかけないけど,子どものペースに合わせて,柔軟な授業ができる人。

 長い目で見れば,どっちを採用した方がいいか,わかるはずなのに・・・。

 この,「重い」「軽い」には非常に多くの意味が含まれていますが,想像できるでしょうか。

 私はどちらかというと「軽い」方が好きなのですが,事務の人たちの受けは悪いなあという気がします。

 フットワークよく,生徒の中に入って授業や部活をしそうな人は,ほとんど受かっていない。

 逆に,デスクワークが似合いそうな人ばかりが,受かっている。

 採用試験を担当する事務の人たちには,現場をよく見て,「指導力のある先生」の近くでしばらく生活してもらいたいのですね。そうすれば,自分たちの「基準」がどこかおかしいことがわかるはず。

 でも,今すぐには無理です。

 ならば,「重い」人を演じるのがベストということでしょう。

 ちょっとやそっとの質問には動じず,表情を変えない。それが肝心。

 決まったことしか話せない。それでいい。口から出まかせは言わない。わかりません,と正直に答えた方が,適当にごまかそうとするより,まし。

 表情を変えずに,「わかりません」と答える。

 私がある自治体を担当していたとき,「表情がない指導力不足教員」に出会いました。

 事務の人は,「表情がない」のと「表情を変えない」ことの区別がつかない。

 だから,「無表情」でもかまいません。

 「重く」受け止めるべきことと,「軽く」受け流すべきことの区別は,教員になってから,少しずつ身につければよいのです。

 ・・・・これは一個人の感覚に基づくものですから,どうぞ判断はご自分でなさってください。

 「受かる」ための一番のコツは,「私は教師になる」というより,「私は公務員になる」という意識を強くもつことかな。

 採用する人は,教育のことがよくわかってないから。

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 記事の封印 | トップページ | 一般人は「気軽なコピペ」で嘆いていられることも・・・ »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

コメント

採用試験に受かる人、と受からない人とに分けるとそもそも何がなんだか解らなくなってしまいそうです。
そもそも、教師として採用すべきで無い人が何故受かってしまうのか、その問題が大きいと思われます。

その例
「大塚友意」
http://momoiropink777.blog97.fc2.com/blog-entry-1273.html
「森田直樹」
http://megiya.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/30-c025.html

教師に向いていない人が採用されるだけなら、大きな社会問題にはなりにくい。
けれども、上記のような人物が積極的に採用されてしまうもんだいは計り知れないほど大きい。

いずれも、反社会性人格障害が間違いなく有りと思われます。
また、演技性人格障害も見受けられます。
さらに、サイコパスの可能性も否定できません。
サイコパスは25人に1人の割合で存在すると言われています。
無作為に100名採用したら4人はサイコパスです。
採用試験においては、おそらく100人中20人ぐらいが優位に採用されていると考えられます。

実際、高校生の時にデートレイプなんてことをやって妊娠させたやつが今では小学校教師をやっています。

採用試験で、反社会性と演技性の人格障害をもつ者を厳重に排除することを考えなければならないと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用試験に受かる人・落ちる人:

« 記事の封印 | トップページ | 一般人は「気軽なコピペ」で嘆いていられることも・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より