ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「安定志向」だから公立より私立を選ぶ教師の卵たち? | トップページ | いじめの底流を探ると・・・ »

いじめ対策の一つ ~無神経な言葉を使う人間を減らす~

 いじめが導く悲惨な結末は,いじめられた当事者,いじめた人間たち,それを見ていた人間たち,学校の場合は教師たち・・・・・さまざまな「関係者」のコミュニケーションの不具合によってもたらされることに,多くの人たちは気づいているはずです。

 だから,「いじめはガンのようなものだ」という無神経な「たとえ」をし出すような人間がいれば,怒りを覚えて当然でしょう。

 「たとえ」というのは,同じような経験や知識を共有する者同士なら,コミュニケーションの道具として有効に作用するはずですが,

 他人のブログを「公衆トイレ」にたとえたり,

 いじめを「癌」にたとえたりするのは,

 同じ経験や知識を共有する者すら遠ざけてしまう,それこそ無神経な心が生み出す「排泄物」にすぎません。

 癌にかかると,決然と癌と闘う人もいますが,多くの人は「絶望」にかられ,ごく一部の人は,自ら死を選ぶようになってしまいます。

 「いじめはガンと同じようなもの」とは,これを指しているのでしょうか?

 今,いじめを受けて苦しんでいる子どもたちに,「いじめはガンのようなものだ」という声をかけて,救うことができるのでしょうか?

 今,いじめを受けて苦しんでいる子どもがたちが読んだら,どう思うと,受け止めているのでしょうか。

 キハクなら,何という言葉を自分にかけてくる,と想像できるでしょうか。

 それがわからないのなら,全集が気の毒です。決して粗大ゴミにはしないでいただきたい。

 「いじめを受けている子どもを救うつもりで言ったわけではない」・・・・ということでもないのは,

 そのほかの言葉でわかりました。

 しかし,たとえのセンスが醜悪すぎる。

 いじめを考える上で非常に重要な,「いじめる側」や「傍観者」の存在がそこには見当たらない。

 このように,たとえのセンスが悪すぎることを指摘しても,「たとえが理解できないやつは頭がおかしい」「知能の限界」とくる。

 人間のロボット化。そうです。コンピュータの前に長く座っていることで,感情や感性を失っていく。

 感情や感性を失っていくのは,楽器を演奏しているから,ではないことは私でもわかります。

 感情や感性に飢えているから,楽器を演奏する,という想像はできるのですが。

 子育てにしろ,学校現場における教育にしろ,感性に欠ける指導というのは,ろくな結果にならない。

 教師の言動がいじめを助長することがある,という報告は,今まで幾度となく出されてきたはずです。

 それが,いつまでたってもなくならない。

 教師が語っている言葉をしっかりと見つめ直してみる。

 子どもだけのせいにしない。

 これが,重要ないじめ対策の一つです。


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「安定志向」だから公立より私立を選ぶ教師の卵たち? | トップページ | いじめの底流を探ると・・・ »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ対策の一つ ~無神経な言葉を使う人間を減らす~:

« 「安定志向」だから公立より私立を選ぶ教師の卵たち? | トップページ | いじめの底流を探ると・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より