ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 指導力不足問題の軽視が,若い教師の「死」をもたらす | トップページ | たった30分でわかる小学校事情 »

【小学校教育改革】 小学校における指導力不足問題の解決法

 小学校教師が授業も生活指導も保護者対応もうまくできず,孤立して生きる気力すら失っていくような事態を救えるものは,何か。

 休ませてしまえばいいのか。

 担任からはずしてしまえばいいのか。

 そんなことで問題は解決しません。
 
 いずれ,担任ができる教師が足りなくなってしまいます。

 今,何とかなっているのは,子どもの数が減っているからです。

 しかし,小学校では大量採用の年代の教師が退職を迎えていますから,教師が足りなくなってきます。

 東京都では,もう小学校の管理職が足りなくなり,中学校の教師が小学校の管理職になり始めています。

 以下は,教員採用に関して,匿名さんからいただいたコメントへの返信です。

********************

 50分の授業を5回くらいさせて,学習指導の力をしっかり見極め,教師に採用するようなシステムができるとしたら,採用される人は今までとかなり変わるかもしれません。
 小学校は一人で勝手にやっていればいいのかもしれませんが,中学校の場合は教科の人間として,学年の人間として,学校の人間としてふるまえる協調性というか「利他精神」が重要なので,3か月くらい実際に働かせてみて,教師としてというより社会人としてやっていけそうかどうか,見極める機会もほしいものです。

 指導力不足の問題がどれだけ深刻か,だれも知らないものはいないのに,「うちは大丈夫だから」なんて安穏としている人間には,公務員の資質はないと言ってよいでしょうね。

 荒れた学校に異動してきた教員が,生徒や教員の前で何かにつけて前の学校との比較を持ち出し,「私の学校では」とやってしまう。もう,あなたは「ここの教師」のはずなのに,心は全く「異動」していないのですよね。

********************

 小学校は,もう単独の担任制ではもたない時代になってきたと思われます。

 では教科担任制がいいのか。

 そういう免許制度になればいいのですが,専門性を高めるための教員養成課程にはなっていない。大学から変えなければいけないので,時間を要します。

 すぐに変えられる仕組みは何か。

 それは,単独の担任制の廃止です。

 副担任制にするのか?

 違います。

 副担任と言えば,小学生から「格下の教員」と見られて,それが授業崩壊のきっかけになりかねません。

 どうするかというと,「担任団制」をとるのです。

 1組の担任,2組の担任,・・・・と一応の「担任」は決まっているのですが,教科によって,単元によって,授業を受け持つ先生が入れ替わる仕組みです。

 そして,「学年主任」=「担任団の長」は,クラス担任はもちませんが,特定の教科は,すべてもつ。

 こういう仕組みにすれば,「学級の担任」が,ほぼすべての教育の責任を「学級の子ども」に対してもつ,という現行のかたちではなく,「学年のすべての教師」が,「学年のすべての子ども」に対して,責任をもつようになり,教師の「チームワーク」による力が,教育実践に反映できるようになります。

 今までの,独善的な学級経営は不可能になり,「話し合い」によって,学年経営の方針が営まれるようになるのです。

 単独のクラスだけ,「話し合い」活動中心の授業を展開して,楽しそうにやってはいるけれども,ほとんど学力がつかず,保護者から不満の大合唱がくる,ということもなくなります。

 指導力に課題がある教師も,自分が苦手とする教科の指導はとりあえず避けられるようになり,得意なところで自分のよさを発揮することができる。

 小学校の先生というのは,「指導力の向上」「授業力の向上」についてはそもそも非常に意識が高く,私にかかわりがある小学校には,毎年,本当に多くの先生が発表会に参加します。しかし,そこで得た財産は,自分のためにしか使われないことが多いでしょう。

 もし,「担任団」制度にすれば,A先生は算数,B先生は国語,などと分担して研究会に参加し,学校に戻って報告会をし,「学んだことの共有化」が図れます。

 この制度で私が優れていると思われる点は3つあります。

1 子どもが,特定の人間に気をつかったり媚を売ったりすることなく,「伸び伸び」と教育を受けられるようになること

2 少なくとも,先生ごとの得意分野の授業を受けることになるので,学力が向上するであろうこと

3 そうやって育った子どもは,中1プロブレムの多くが解消された状態になるであろうこと

 そして,最も優れている点は,

 指導力不足教員が放置されなくなることです。

***********

 大阪市の教育委員のみなさんへ。

 普通の自治体で,こういう「改革」に踏み切れるところはまずないでしょう。

 しかし,大阪市は期待できます。

 大阪市の教育のありようを決められるのは,教員委員のみなさんなのです。

 それが本来の「教育委員会」の仕事です。

 みなさんの決定を受けて,動かざるを得ないのが,教育委員会「事務局」なのです。

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 指導力不足問題の軽視が,若い教師の「死」をもたらす | トップページ | たった30分でわかる小学校事情 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【小学校教育改革】 小学校における指導力不足問題の解決法:

« 指導力不足問題の軽視が,若い教師の「死」をもたらす | トップページ | たった30分でわかる小学校事情 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より