ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« アメリカのbaseballの終わりと日本の教育 | トップページ | 内田樹の『街場の文体論』と教師の言葉 »

結びつけること,しばりつけること

 学習指導要領に示された内容は,現場の教師にとっては「しばり」になります。

 もっと自分が教えたいことがある,という教師の場合,「あのような内容」だけしか教えられない,というのは,不満でたまらない・・・・どうしても,他のことを教えたい・・・・と,ストレスを抱え込んでいるかもしれません。

 しかし,同年齢の子どもたちが,学習指導要領に示された,同じ内容を学んでいるということに,大きな意味があるとしたら,そちらを優先すべきでしょう。

 教育は,「しばり」によって「むすび」をつくりだしている・・・・と考えると,その根っこには「宗教」と同じようなところがあるのかも・・・。

 英語の「religion」の語源はラテン語の「religio」です。

 「再び結びつける」という意味です。

 「結びつける」という言葉は,「しばりつける」という意味にもとれる。

 「結びつけられた」人々を外部から見たら,「しばりつけられる」ように思える・・・・それは宗教のことを考えれば,とてもわかりやすいことでしょう。

 宗教の定義には,認知する能力といった合理主義の観点からのものと,依存感情といった情緒主義の観点からのものなどがあります。

 こうした定義はどちらかが正しく,どちらかが誤っているというのではなく,「人間の心と行動」に関することですから,いろんな面があることは言うまでもないことでしょう。

 教育実践を担っている学校の教師たちは,学者のように「どちらかの立場に立つ」ことを強く求められる存在ではありませんので,「いろんな立場がある」「いろんな考え方がある」ことを前提として,そういう人間社会のありようを子どもに気づかせていくことが仕事であるといってもよいかもしれません。

 上司の命令に従わず,処分を受けることがわかっていたとしても,自分の個人としての思想・信条の自由を優先させる人間が教師の中にいても,それはそれで「そういう人間がいるということを教える」ことになっているのが,教育現場というところの特徴です。「公務員の資質を欠いた自分勝手な人間」と思われてしまうリスクをおかしてでも,自分のやりたいことをやる」・・・そういう行動をとることを生徒に認めてしまうというのは,組織の人間としては困ったものではありますね。「むすびつき」が壊れる。

 子どもから,「組織の人間としてしばりつけられている」という印象を受けずに,「先生方は互いに教育に向けての強い信念で結びついている」と思われるのは,なかなか難しいことかもしれません。

 荒れている学校の最大の問題は,「(上から)言われてしかたがないから,(好きでもないけど)仕事だから,こんなことをお前たちにしているんだ」というメッセージを子どもに伝えてしまう教師と,「どうでもいい。自分は自分のやりたいようにやる。話し合いはいらない」という教師がいることです。
 
 教師教育の重要性が叫ばれていることが,こういう話でよくご理解いただけるでしょう・・・・?。

 「しばり」と「むすび」。

 あらためて,教師の仕事の楽しさを実感します。

 子どもには,「むすぶつこうとする力」にあふれているからです。

 その力を支えるのは,教師の,「むすびつこうとする力」です。

 名が知れた教師の本を買って,猿まねを試みることではありません。

 子どもがそういう教師の子ども向けの本を読んで,自分の授業に全く参加しない,そういう光景を想像してみてください。

 どういうところで,人は,人と「むすびつかないか」。

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« アメリカのbaseballの終わりと日本の教育 | トップページ | 内田樹の『街場の文体論』と教師の言葉 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結びつけること,しばりつけること:

« アメリカのbaseballの終わりと日本の教育 | トップページ | 内田樹の『街場の文体論』と教師の言葉 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より