ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 続・教師を志す上で,心構えとして持っていてほしいこと | トップページ | カルロスさん・匿名さんに感謝申し上げます(+一言もあり) »

単独行動の手柄話が好きなのは,小学校の教師のみ

 中学校の生活指導の基本は,チームワーク

 これが,小学校出身の教師の中に,理解できない人がいるらしい。

 単独行動はいけません

 共通の指導理念があって,協働で取り組むのが,生活指導です。

 これが,「荒れた学校」ほど,

 理念はない

 勝手にそれぞれが動き出す

 動かない人は動かない

 ことが徹底??されているようで,またまたdolceさんがその実態を報告してくれました。

 学年主任は特攻隊長?ではありません。

 学年の教師たちのつまさきを,同じ方向に向けるのが,学年主任のリーダーシップです。

 普通の生活指導ですら,そうであるのですが,

 こと,「いじめ」の問題となると,これは「全校体制」で解決に取り組むべきなのです。

 「全校体制」ということは,「児童」「生徒」の,取り組みに積極的に参加する立場です。

 dolceさんの乏しい指導観の範囲では,こうした「教師集団」「子どもの集団」による適切な行動が,視野に入っていなかったようです。


>(1)職員室から出ると、生徒が生徒をいじめているところを見るかもしれない

>(2)自分も暴力を振るわれるかもしれない

>(3)勇気を出したところで、教育行政の支援が期待できるか?

>この3つが、職員室から出たくなくなる理由だろう。

 3つめが,職員室から出たくなくなる学校というのも興味深い(何を中心において仕事をしている人間かが,よくわかる)ですが,

 若い先生たちに,申し上げます。

 生徒は,基本的に,教師が目の届かないところや場面,時間帯で,いじめをします。

 そして,いじめは暴力を伴うとは限りませんから,見えにくいところで発生します。

 しかし,経験を積むと,生徒の「目」を見れば,だいたいのことがわかります。

 無能な教師がおそれるのは,

 「生徒が目でヘルプサインを送ってきたときに,自分に何ができるかわからない」状況になることです。

 そういう意味では,授業が始まるときでも,「職員室から出たくない」のです。

 次に対教師暴力ですが,生徒から暴力を受ける教師のタイプは決まっています。

 生徒は指導力を感じない教師をターゲットにするのです。

 対教師暴力というのは,

 どういうところに,なぜ,ストレスをためこんでいるのかが,よくわかる瞬間です。

 指導力不足の教師と言うのは,問題行動を起こしている生徒が

 暴力をふるうような行動をとることを前提に物事を考えるのです。

 

 それにしても,小学校の教師と言うのは,

 本当に「単独行動」の話が好きですね。

 ときどき,申し訳なさそうに,「教師のチームワーク」のようなことを書いても,
 
 結局は自分の名前で本を書いて,売らせている。

 教育の主役は,教師ではなく,子どもなのです。

 小学校教育の「名著」とされている数々の本は,まだ,主役を子どもにしていたあたりで,許せる範囲に入ります。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 続・教師を志す上で,心構えとして持っていてほしいこと | トップページ | カルロスさん・匿名さんに感謝申し上げます(+一言もあり) »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

大津市の問題の中学校、教師のチームワークは、問題の隠蔽に使われました。
チームワークを発揮する能力が無いのでは無いと言うことです。

問題行動を起こす児童と向き合わない(人権何たら、町の有力者など)そういうことに簡単に負けるからこそいじめがエスカレートするのは容易に想像できます。

タイヤをパンクさせられた、器物損壊で警察に通報し指紋採取などで、指導するチャンスが得られるわけです。野放しにすればもっとひどい問題行動へと深刻化してしまいます。

暴力だけなら、まだ対処は簡単ですが、言葉の暴力、犯罪行為の要求、恐喝などはたちが悪く、なかなか表に出てきません。たとえば万引き強要、あるいは万引き教唆の場合。直接実行するのは問題児童では無く、被害者であるということ、万引きで補導に捕まったとして、その強要、教唆などの事実が出てくるためには根本の問題児童への対処が無い限り、それで終わってしまいます。

また、教師一人の問題にしてしまう傾向があるのは、小学校に限りません、中学、高校でも同様の事が起こります。

教育行政に期待するのは間違いです。公安、検察、弁護士、児童相談所、スクールカウンセラーなどに協力を求める必要があると思います。

ややこしい、『人権擁護団体の長』が加害者の親であるならなおのことです。
こういうとき、カウンセラーは頼りないですね、カウンセラーは女性が多く、暴力沙汰には全く無力です。
 考え方を変えて、指導に当たる教員自身の心をカウンセラーにゆだねてみてはと思います。警察や弁護士を呼ぶとなるとそれなりの覚悟がいります。弁護士には証拠としてどこをどう押さえておけば良いのかということを相談すべきでしょう。

度重なる暴力事件の場合、加害者を医療保護入院させて、入院先で措置入院に変えることも出来るはずです。

暴力に至らないが、挑発行為をさんざん行う者の場合、対応が難しいですが、こういう場合スクールカウンセラーが役に立つと思います。場合によっては児童相談所も同様に協力してくれると思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単独行動の手柄話が好きなのは,小学校の教師のみ:

« 続・教師を志す上で,心構えとして持っていてほしいこと | トップページ | カルロスさん・匿名さんに感謝申し上げます(+一言もあり) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より