ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? | トップページ | 教育に情熱のない人間が語る「いじめ隠蔽」の論理 »

「いじめ」と「けんか」の区別

 同業者として,O市O中の人には,たくさん聞きたいことがあります。

 たとえば,「けんか」だったとした「暴行事件」に対して,どんな「指導」を行ったのか。

 O中の場合とは異なると思いますが,その「指導」が次の,というか,以前よりも激しい「いじめ」に発展するおそれというのが中学校にはあります。

 中学校内では,「見つかったらまずい」「人に見られたらまずい」という意識が加害者側にはたらきますから,「何事もない」ように見えますが,教師の目の届かないところでは,激しい「いじめ」が繰り返される可能性があるのです。

 それをよく知っている保護者,いじめられている生徒というのは,教師による「指導」「介入」を避ける傾向があります。

 どんなに体中にあざをつくって片足をひきずっていても,

 「道で転びました」

 などといって,真実を告げようとしません。

 そういうふうに,「いじめた生徒をかばう,いじめられた側の生徒がいる」という可能性を,教師たちは,

 「いじめではなくけんかだ」と結論づけた時点で,ゼロと考えてしまったのでしょうか。

 ふつうの中学校教師の感覚で言うと,そんなことは絶対にないはずです。

 今のところ,マスコミの報道では,自殺をした男子生徒がかなり「弱い立場にあった」ことが伝わってきていますが,本当のところ,いじめた側の生徒たちと対等の力をもっていたのかもしれません。

 それなら,生徒のことがほとんど見えていない教師集団は,「いじめではなく,けんかだ」と認識してしまうことはあり得ると思います。

 もし,そうでなく,
 

 「いじめ」と認定すると,指導上,めんどうくさいことになる・・・・・・・

 「いじめ」を受けた側の生徒が,「いじめではない」と言っているのだから,

 「いじめ」と考えなくてよいだろう・・・・・・


 こんな経緯であったとしたら,許せないことです。

 今,大きなニュースが少ないので,報道はここに集中しています。

 新しい事実が,次々に明らかになると思われます。

 あとは,マスコミの力次第で,

 「教育委員会」の問題など,「改革」をしかけるとしたら,今がそのタイミングということになります。

 ある人は,報道をもとに,「さもそこにいたかのように批評する人がいる」と批判していますが,

 「そこにいるのに何も見えてない人」もたくさんいるのですよ。

 直接体験しているのに,何もわかっていない人,

 誤った「固定観念」で物事を決めつける人が語る言葉は,伝聞の言葉よりも質が低いのです。

 
 男子中学生の死を無駄にしないためにも,

 何か行動を起こせないか,じっくり考えてみたいと思います。

  
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

« いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? | トップページ | 教育に情熱のない人間が語る「いじめ隠蔽」の論理 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめ」と「けんか」の区別:

« いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? | トップページ | 教育に情熱のない人間が語る「いじめ隠蔽」の論理 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より