ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教師の差別意識がいじめを生み,育てる | トップページ | 小学校教師が「その後」を知るチャンス »

劣等感への対応が左右する小中学校教育の質

 教育学者はこういう研究のためのデータをもっているでしょうか。

 日本には,教師の実態をきちんと把握している専門家はいるのでしょうか。

 そんなものを研究しても,「残念な結果」しか出てこない,と感じるか,

 「おもしろい結果」が得られそうだ,と感じるかも,人によって違うでしょうね。


 私は,小学校教育の質を左右している要因の一つに,「学力的な劣等感」があり,

 中学校教育の質を左右している要因の一つに,「コミュニケーション能力に対する劣等感」がある,

 と考えています。

 そして,教育の成果のよしあしは,それぞれの課題の影響力が少なくなるように,どれだけの「工夫」がなされているかによるのです。

 私の考えとしては,小学校の場合,教師も子どもも,「学力的な劣等感」を克服するというよりは,それを覆い隠す方向に向かい過ぎているのが問題であり,

 一方の中学校では,「コミュニケーション不全が起こらない」ような取組を教師も子どもも積極的に進ようとするのが一般的です。ただ,残念ながら,子どもは小学校のときよりは「話さなくなる」し,反対方向へとひきずろうとする教師も少なくないため,成果が出せないでいる学校が,「荒れて」いきます。

 
 教師にとって,

 中学校教育の場では,自分自身の学力が問われる場面があまりなく,

 小学校教育の場では,不特定多数との「コミュニケーション」を必要とする場面があまりない。

 だから,劣等感を覚える場面が少ないということなのですが,実は,このことも,学校教育の質の向上のためには,よくない現状なのかもしれません。

 小学校の教師は,「クラスの子どもの人間関係」の問題で困ったとき,校内で相談できる教師は何人いるでしょう?

 中学校の教師は,「教科書に書かれていることの根拠」を知りたいと思ったとき,校内で相談できる教師は何人いるでしょう?

 教師間の「つながり」は,それほど「広く」も「強く」もないかもしれない,ということに,初任者などは気づいて愕然とするようになるかもしれません。

 だから,「外に出ていく」機会が増える。本を買う。

 個人の力量を高めることは,とても重要なことです。

 小学校でも,中学校でも,できること。

 しかし,中学校でなければできないこと,やらなければならないことがあります。

 教科担任制であり,学年経営が非常に重要であり,子どもの成長が著しい時期である中学校。

 教員間のコミュニケーションの質が,学校教育を左右していきます。

 子どもへの教育は一定程度の成果をおさめるとしても,教員間ではどうか。

 実は,互いに「評価」は(おそらく正確な「評価」です)なされている。

 問題は,子どもと違って,「低い評価」しか得られない人が教師集団の中で放置されていることです。

 「子どもと違って」と書きましたが,学校によっては,「子どもと同じように」,です。 

 小学校教師が,中学校現場を見ると,自分自身の劣等感をもとにして,中学校教育の問題を指摘するという特徴がありますが,どうしても大事なところがずれてしまうのですね。

 また,劣等感ではなく,優越感をもっている人が現場を語ると,また大きなズレを生じることになってしまいます。

 それについてはまた別の機会で。


 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

 

« 教師の差別意識がいじめを生み,育てる | トップページ | 小学校教師が「その後」を知るチャンス »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劣等感への対応が左右する小中学校教育の質:

« 教師の差別意識がいじめを生み,育てる | トップページ | 小学校教師が「その後」を知るチャンス »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より