ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「いじめ」と「けんか」の区別 | トップページ | 教師の差別意識がいじめを生み,育てる »

教育に情熱のない人間が語る「いじめ隠蔽」の論理

 いじめを隠蔽する論理を,「出世のため」と考える人がいる,と聞くと,なるほどと思ってしまう人がいるのはしかたがないと思いますが,

 「常に出世のことを考えている」教師はごくごくわずか(東京都は,「出世」したいと考える,力のある人が少なすぎることが問題となっている)であり,それがいじめ等の問題の隠蔽と関連しているかというと,そんなことはまずないだろう,というのが私の考えです。

 こういう,教育現場における重大な問題を,極端に矮小化しようとする主張は,何を隠蔽することに結びつくかというと,・・・・・・・・

 改めて強調します・・・・・・

 教師の指導力の欠如です。あるいは,指導意欲の欠如,と言ってもよいでしょう。

 あるいは,子どもを守ろうとする愛情の欠如,と言ってもよいのです。

***************

 さて,読解力を問う問題を出題いたします。

 次の文章を読んで,下線部の「これ」にあたる内容を簡単に述べなさい。

***************

>本当に日々の教育実践に熱心なら、いつも児童生徒の様子が気にかかるはずです。
>しかし、心は常に「上」ですから、上のちょっとしたご機嫌取りには熱心だが、児童生徒の変化には気がつきにくいわけです。

これは、家庭においても言えることです。

>私の子どもの頃は、夕食は特別のことがない限り家族が揃っていました。
>母親が「お前、今日何かあったの?」と聞くことがありました。
>「別に」
>「いやおかしい。何かあったでしょう?」
>「どうしてわかるの?」
>「顔に書いてある」
>と言われたものです。

>親はいつも子どもの様子に敏感だったわけです。
>ところが、今日では、できないわけでもないのに、揃って食事をすることに関心がない家庭もあるようです。

***************

 正解は,何でしょうか?

 困りますね。こういう文章を書かれては。

 文章そのものに「キズ」のあるものは,問題として出題できないのです。

 「児童生徒の変化には気がつきにくい」原因は,

>心は常に「上」で

>上のちょっとしたご機嫌取りには熱心

 だからなのでしょうか?

 そんなことは言えませんね。

 家庭においても言えることだと思いますが,
 
 「上」がいようといまいとそもそも子どもの教育に関心がない人だから,食事をそろってすることに意味を感じないし,たとえそろって食事をしても,何も気にしないかもしれないのですよ。

 また,食事をそろってできない人にも,教育に関心が高い人はいるわけです。

 何も,様子がおかしいことに気づいたり,声をかけたりするのが,食事中でなければいけないわけではないですから。

 「上ばかり見ている」の「上」にあたる管理職が,

 児童生徒の変化に気がつきやすい教師がいるから機嫌がよくなる
 
 のであれば,「ヒラメ教師」でもよいわけですね。

 でも,dolceさんは,「上」も「下」も,そういう教育に情熱をもった人間を想定できないのです。


>上ばかり見ているから下が見えない

 という主張をしたいために,何か例を出して説明しなければ,と考えたのでしょうが,

 このように「結論ありき」の「後付けの論理」というのは,「最低」なんですよ。それが「ばればれ」であることで負の相乗効果になるのです。

 指導力のない教師が,本当に陥りやすい,「言い訳」とか「悪口」の典型なんです。

 dolceさんが書きたかったのは,次のことなんですね。

>また、あの人は500万で校長職を買ったと噂されていた人もいます。

 dolceさんという人は,

>直接現場で取材しないで、憶測で語ることは関係者にも失礼であり、不遜な態度と思うからです。
>すべては、私が直接体験したこと、そこから感じ取ったことをもとに書きます。

 という言葉と同時に,上のような,「人の悪口」も平気で書ける人なのです。

 私が「慈愛」の精神で・・・というのは,

 こういう人こそ,「いじめ」の標的になりやすいからです。


 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

« 「いじめ」と「けんか」の区別 | トップページ | 教師の差別意識がいじめを生み,育てる »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育に情熱のない人間が語る「いじめ隠蔽」の論理:

« 「いじめ」と「けんか」の区別 | トップページ | 教師の差別意識がいじめを生み,育てる »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より