ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「よさをPRする」戦略のウラが見えるのが情報リテラシー学習 | トップページ | dolceさんのような教員が,よい学校のレベルを下げていく »

指導力不足を環境のせいにできる教師たち

 学校には,特に公立の中学校には,目標の達成や解決が困難な課題がたくさんあり,多くの教師は悪戦苦闘しているのですが,

 「あきらめている」教師,

 その原因を「他者に転嫁している」教師もたくさんいます。

 「切磋琢磨」が,限られた空間の,しかも「仲の良い,良い人間関係のなかでしかできない」と考えている人間が教育現場にいた(いる)ことは,

 「切磋琢磨できる場所がなかった」と堂々と言えるような人間を許してしまう原因になり得ます。

 dolceさんの「反論がいかにおかしいかということは、やはり普通の教養人ならわかるでしょう」という投げかけに対して,簡単に説明しておきましょう。

 dolceさんの以下のコメントに対して。

>切磋琢磨が行われている環境は人間環境の良い状況を想定して用いられる言葉です。

>この私の説明に反論して、お前は読解力がないし、経験が不足しているから、人間関係がギクシャクしている中でも切磋琢磨は行われるということがわからないのだと言うわけです。

 私が「読解力がない」と指摘したのは,

 そもそも私は

>小学校の発想にはないのが,「切磋琢磨」。
>単なる「競争」とはわけがちがう・・・・ことがわからない人が多い小学校。
>教師の人間関係がどこかぎくしゃくしている方が,子どもがぐんぐん伸びていく,そういう学校もあることを知っておいて下さい。

 と書いたように,小学校には切磋琢磨する,子どもに切磋琢磨の場を与える,という発想がないというのが私の主張でした。学級王国というところは,そういうところなのです。

 このことに対する反論はあって当然なのですが,

 どこにも書いていない

>人間関係はギクシャクしていた方がよい。なぜなら、その方が切磋琢磨が行われる

 ということに対してご自分の考えを述べている。

 dolceさん流に書けば,「知性の欠如」が原因なのでしょうか。
 
 そういった「ずれ方」をしているご自身に自ら追い打ちをかけるように,

>切磋琢磨というのは、人間関係の良い間で行われる行動

 と決めつけ,

>人間関係はギクシャクしていた方がよい。なぜなら、その方が切磋琢磨が行われる

 のはおかしいと主張されている。

 しかし,仮に,私が,

>教師の人間関係がどこかぎくしゃくしている方が,子どもがぐんぐん伸びていく,そういう学校もあることを知っておいて下さい。

 ではなく,

>教師の人間関係がどこかぎくしゃくしている方が,子どもがお互いに切磋琢磨して成長していく,そういう学校もあることを知っておいて下さい。

 と表現していたとしても,dolceさんの批判は的外れであることは一目瞭然でしょう。

 いずれにせよ,

 dolceさんは人間関係がぎくしゃくしている学校で教員が
 
 「学問や人徳をいっそう磨き上げること」はできない,と宣言しているわけですから,

 無責任な指導力不足教員にとっては願ってもない「教祖」になってくれる存在でしょうね。

 症状が重くなってきているので,そろそろ決定打がくるころかもしれません。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 「よさをPRする」戦略のウラが見えるのが情報リテラシー学習 | トップページ | dolceさんのような教員が,よい学校のレベルを下げていく »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導力不足を環境のせいにできる教師たち:

« 「よさをPRする」戦略のウラが見えるのが情報リテラシー学習 | トップページ | dolceさんのような教員が,よい学校のレベルを下げていく »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より