ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« dolceさんの「独断専行」は,夕食のメニューを勝手に決めた程度のこと | トップページ | 「いじめ」と「けんか」の区別 »

いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと?

 いざというとき,子どもの命を守るのは,近くにいる大人の義務でしょう・・・・・なんてことを書くと,

 「バカなことを言うな」とお叱りを受けてしまいました。

 「大切な人の命を守るために,自分の身を投げ出す」ことは,教師の仕事というより,人間としてあってもよい態度でしょう。

 小学生くらいの子どもは言います。「なら,自らお手本を示してもらいたい


>一体、学校の先生の仕事とはどこまでの範囲を言うのだろう。
>暴力を振るってくる生徒がいたら、それを制止する責任まであるのだろうか?
>そういう場合、逃げたら職務怠慢となるのだろうか?

>いずれにせよ、危険な場所に遭遇したくない気持ちから、なるべく回避しようとする行動は咎められるべきか?
>つまり、先生はどんな問題に遭遇しても、指導する責任があると言えるのか?

 そこに,自分だけしかいないのなら,逃げていいですよ。でも,学校には,子どもがたくさんいますね

 教師が子どもの暴力を制止するのは,その子どもも含めて,生徒の安全が確保できないと判断された場合です。

 子どもが危険にさらされたまま,

>教師が逃げたら職務怠慢となるのだろうか?

 ・・・・何ていう疑問を書いたりしたら,「教育に情熱をかけていない教師」であることがバレバレになってしまいますが,そんなことはおかまいなし?


 おまけをもう一つ。

>少し、横道にそれたが、私は何かできることから行動を起こそうと思い、学校中の落書きを消そうと思った。
>少しぐらいの落書きはいいと思っていると、落書きはどんどん増えると言うか、すでに相当に派手な落書きが学校のあちこちで見られた。
>それを私は片っ端から消して回った。
>考えてみれば、落書きを消すということは、誰にでもできることである。

 おしい。でも,これが,「落書き」をさらに助長する原因になる可能性がある

 ということに気づけるのが,教師になるのが向いている人の感覚です。

 「よかれ」と思って一人で起こす行動が・・・・・

 その「一人」が,その人でなければ・・・・・

 「オレガオレガ」発想の教師には,そんなことを言っても無駄なんですけど。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« dolceさんの「独断専行」は,夕食のメニューを勝手に決めた程度のこと | トップページ | 「いじめ」と「けんか」の区別 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

いつも「もし自分が~だったらどうしよう」
などと考えているような教師を,子どもが信頼するわけがありません。

「自己保身」の大切さを「教育に情熱をかける教師」にdolceさんが教えたがっているのは,ある意味では正しい行動かもしれません。

自分の命もかえりみないような教育に情熱をかけている人は,ときとしてドラマみたいな,無茶な行動をとることがある・・・・それを戒める・・・・と解釈すれば。

遠藤さんのことは,私もニュースで知りました。

少なくとも,「殉職」した人間の悪口を言うような教師であってはなりません。

http://d.hatena.ne.jp/rakkochan/20120312/p1
↑福島の防災無線でさいごまで職務をやり遂げた遠藤未希さんの記事です。

ご本人も犠牲になろうと思ってなったわけではないと思います。一瞬の出来事であったはず。

いざというとき、子供をほったらかしにして逃げる教師がいたら、そして教師だけが助かったなら、どうなると予想できるでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« dolceさんの「独断専行」は,夕食のメニューを勝手に決めた程度のこと | トップページ | 「いじめ」と「けんか」の区別 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より