ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 荒れた中学生と「ヤクザ」を同列に語るdolceさんの笑えない教育観 | トップページ | いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? »

dolceさんの「独断専行」は,夕食のメニューを勝手に決めた程度のこと

 職員室に閉じこもらないで,教室にいるようにする,程度のことを,

 「独断専行」などと大げさな言葉で批判する人が,その「荒れた中学校」にはいたのでしょうか???

 これが,「勇気がいる」ほどの,「いいこと」でしょうか?

 教室にいるのが,そんなに怖かったのですか

 そもそも「教室にいる時間を増やす」などということは,だれか人に相談してから決めることですか???

 こういうのが,「現場感覚がずれている」ことを示す象徴的な言葉の一つなのです。


>独断専行とは「勝手にやるな」ということですが、教師自身が生徒に対する時、そういう雰囲気を持っていると、子どもの自主性は伸びないように思います。

 この文は,わかりやすく表現すれば,

 生徒の行動に対し,「独断専行だ」「勝手にやるな」と言って批判するような態度を教師自身がとると,子どもの自主性は伸びないように思います。

 となりますが,

 それは,「行動」の内容によるわけです。

>「この先生は何でもやらせてくれる」
>と子どもが感じると、子どもは予想もしていなかった良いことをすることがあります。

>時にはよくないこと、失敗もあるかも知れませんが、どちらにしても「自分で考える」という力はつくと思います。

 小学校の教師の指導観の典型ですね。

 残念なのは,よくないことを「よくないことだ」と毅然とした態度で指導しない小学校教師がたくさんいるのです。

 それを放っておくから,一部の子どもが本当に「何でも」やるんですね。

 「自分の判断でしっかりとした行動をとることができる」と信頼されるから,「何でもやらせてくれるようになる」わけです。

 このあたりも,本当に深刻な感覚のズレなんですね。
 
>「任せる」ということは、相手を信頼することでもあると思いますが、相手を信頼しない人が意外に多いのには驚いてきました。

 「何を任せるか」によるわけです。

 「休み時間の教室には,教師は絶対に入らない。中でどんなことをしてもいい。みんなを信頼しているから」と言える学校は,なかなかないですよ。

 それは,子どもだから,いじめもすれば,暴力をふるうこともあるからです。

 そういうのから逃げていながら,「信頼してます」などと口先で言って,自分が「良い先生」のふりをしていることが可能なのです。最低の教師ですね。

>見ていないところでは、ズルいことをするかも知れない。サボるかもしれない

 これは,可能性の話ですね。

 だからこそ,職員室に閉じこもらないようにしたわけですよね。

 それは,正解なのです。

>私は、教育の第一歩は子ども(児童生徒)を信頼することだと思います。

 ・・・・信頼されたことがない人というのは,信頼する,ということの意味も分かっていないのかもしれません。

 O中学校の教師たちも,いじめの加害者を含め,あらゆる生徒たちを「信頼」していたのでしょうね。

 「おしつけられた」ことを「信頼された」ことと勘違いできる人は,おしつける側から見れば,本当に「もうけもの」ですね。

 こういう誤解は,別に悪いことではありません。

 誤解で世の中が良い方向にまわり,理解することで悪い方向にまわる,

 ということも少なからずあるでしょう?

 「誤解でご成婚,理解で離婚」とは名言?ですね。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

 

« 荒れた中学生と「ヤクザ」を同列に語るdolceさんの笑えない教育観 | トップページ | いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 荒れた中学生と「ヤクザ」を同列に語るdolceさんの笑えない教育観 | トップページ | いざというとき,「先生が子どもの犠牲になる」のは「バカな」こと? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より