ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 新作!dolceさんの「私語撃退法」と「事実誤認」 | トップページ | 「先生」はどんな場所にでも,何人いてもよい »

dolceさんの「知能」観の欠陥

 一言で表現すれば,dolceさんは「リスク」の想定を許容しない人,ということなのでしょうか。

 人間の知能は,自分がどんなに注意を払っても,自分の力では回避できない不慮の事故が起こりうることを想定して,保険に加入するなどの決断を下すのです。

 dolceさんの考え方に従ってしまうと,「普通の知能を持った人間」ばかりだと保険会社は経営が成り立たないですね。 

>「交通事故を起こさないように」

>と言われるのを、普通の知能を持った人間は、その高度な知能によって「絶対に事故を起こさないという決意を持って、最大限の注意を払って運転する」という意味だと解釈します。

>「そんなこと言われても、絶対に事故を起こさないと、未来を約束するのは不可能です」

>と言う人がいたとしたら、知能に問題があると言わざるを得ません。


 私の考えでは,

 絶対に事故を起こさないと,未来を約束するのは不可能ですが,

 絶対に事故を起こさないという決意を持って,最大限の注意を払って運転します。

 というのが,「普通の知能を持った人間」ではないでしょうか。


 docleさんの「知能」観には,重大な欠陥があるようです。

 tsuguo-koderaさんには,それがお分かりにならないでしょうか。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

« 新作!dolceさんの「私語撃退法」と「事実誤認」 | トップページ | 「先生」はどんな場所にでも,何人いてもよい »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

知能という言葉の意味がわかっていないような気がするのです。

事故というのは、事故を起こす側と、起こされる側、どっちも事故を起こす側、という性質があり、決意だけでは起こらなくなる訳ではないですが、起こさないためにどうする、巻き込まれないためにとうする、という事を十分認知しておかなければなりません。
中には大嘘の事故を避ける秘策を語る、くそ馬鹿もいますが、通常警察などで行う講習や、教習所で教える内容には正しい事説明されています。

たとえば右折しようとして待っているときはハンドルを切らずに待っていること。など

私の知人で事故を避ける秘策を語るくそ馬鹿はキープセンターで走るのだと。理由は人が飛び出してきたときに引っかけずにすむのだとか???
一見そうなのかとだまされそうですが、人がいないところでキープセンターを推奨している点、デタラメも良いところです。障害物があったり人が出てくるかもしれないと察知したときは大幅に速度を落とすことが原則です。キープセンターで細い路地を突っ走るそういうくそ馬鹿にならないために、基本的なことをしっかり頭に入れておく必要があるのです。

学力もそういうことは同じでしょう、基本的なことはどんな状況でも出来るようにしっかり頭に入れておくということ、必要な練習は十分行うと言うことにつきます。

初等教育において基礎的なことは全部表面だけで済ませている点が大変な問題だといえるでしょう。

分数の足し算は1/2+1/3が出来たらそれで終わりになっているのです。
分母分子が5桁ぐらいになったら全くお手上げの子がたくさんいます。大学に進学して分数の足し算が出来ない子がすごく増えていることを問題視しなければなりません。

このお話の展開は、いつものパターン、スピーカのお話とよく似た展開だと思います。最後は後出しジャンケンに持ち込まれることでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dolceさんの「知能」観の欠陥:

« 新作!dolceさんの「私語撃退法」と「事実誤認」 | トップページ | 「先生」はどんな場所にでも,何人いてもよい »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より