ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中学校1年生の5月危機に備えて | トップページ | カルロスさんに「内申書」の意味をお示しします »

遠交近攻の小学校教師たち

 小学校では,個性的な担任の「跡継ぎ」になるとき,けっこう摩擦があるようですね。

 しきたり,というか,学級のルールというか,経営方針というか。

 別の国になってしまう。
 
 あの人のクラスは引き継ぎたくない・・・・そういう気持ちになる教師がいても,おかしくはないでしょうね。

 人によって一番やりにくいかもしれないのは,

 毎日学級通信を出していた担任から引き継いだ人。

 こういう人は,前の年の学級通信にはすべて目を通さなければならないし,自分もある程度は発行しないと,保護者から,また子どもが楽しみにしていた場合は,「さぼっている」なんてレッテルをつけられてしまうおそれがある。

 学級通信も大事ですが,小学校くらいなら,家で学校の話をどれだけできる子どもに育てるかが担任の力量の一部なのに,子どもとの会話の時間を削ってでも,職員室での教員との情報交換の時間を削ってでも,学級通信づくりに精を出す教師がいる。

 小学校なら1人くらい,そういう「声がかけにくい人」がいるでしょうね。

 もっと小学校の教師は,

 校内で「心を寄せ合う」方がいいですね。

 でも,その「機会」がなかなかないのかも。

 授業を自習にして,せっせと全国の研究会に通う教師たち。

 それを学校に帰ってすべての教師の共有財産にしようと努力している人は,どのくらいいるでしょう

 私はかつての職業柄,管理職だけでなく,生活指導主任,教務主任などから,公的にも,そうでない場でも,ありとあらゆる愚痴を聞く機会がありましたが,一番気になるのは,

 すぐ近くの人とは距離をすごくとって,

 研究会などの仲間とは,本当に情報交換し合って,よい関係を築いている人の存在です。
 
 もっと校内で主導的な役割を果たせるはずなのに,

 「もったいない

 というのが,私の印象でした。

 
 カルロスさんは教職経験何年目の方かわかりませんが,記事を読ませていただく限りでは,とっくにリーダーになっていなければならない人でしょうね。

 しっかり育てたい子どもの範囲が,「王国」内か,「学校」内かの違いが,大事なところです。

*****************

 近くを攻めている状態ではなくても,守りは堅い,という特徴もあります。

 一番いいのは,「いい人」であろうとすること。

 これが一番,「批判を受けにくくするこつ」です。

 「人柄がいいから,許してあげよう。

 対子どもでも,対教師でも,対保護者でも。

 これで得をしている教師は,数知れず。

 「褒め合う」「讃え合う」文化は,すばらしいです。

 でも,いったん牙をむくと,怖い。

 子どもが一番おそれているのは,それなのです。

 一番信じていた人が豹変する姿を目の当たりにした子どものショックは,はかりしれない。

 子どもも無意識にそれを知っているから,・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ 

« 中学校1年生の5月危機に備えて | トップページ | カルロスさんに「内申書」の意味をお示しします »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

度々、教育の話題に出てくる尾木ママですが
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120428/dms1204281428001-n1.htm
↑この記事の中で1%に満たないとありますが、一般的にこの手の犯罪や不祥事は被害届が出る率が1%以下という事実を忘れて分析しています。
要するに、見積もりが甘すぎるのです。

教師以外の職業でこれほど不祥事が多発している例はありません。
http://www.youtube.com/watch?v=oB3aGlHnedM
↑何度も引用しますが教育が目的を忘れて(子供の幸福を考えること)自分たちに都合の良い(不倫や離婚の勧め)事情だけを正当化してしまっている点です。

特に小学校教育において、こういうチェリー・ピッキングばかりが目立つのです。
チェリー・ピッキングを武勇伝にしてしまうその妄想力は人並み外れていると思います。歪んだ教育を正当化するためのチェリー・ピッキングではありますが、そればかり考えて肝心の教育はどこに消えたのか?

あることを制度化した場合、良い点と悪い点が必ずあります。その良い点だけを誇張し悪い点には一切何も無いかのような振る舞いを行うという恐ろしい考え方。
そういう教育にしてしまった背景に労組の存在、デモシカ先生の正当化など、様々な歪んだ考えかたがあり、排他的で閉鎖的な空間になってしまっていると思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠交近攻の小学校教師たち:

« 中学校1年生の5月危機に備えて | トップページ | カルロスさんに「内申書」の意味をお示しします »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より