ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育者が学ぶ姿勢をなくしてどうする? ~dolceさんの情けない教育観~ | トップページ | 「授業をやりたい!」という欲望を乗り越えること »

「学べる」人が「教える」人としてふさわしい

 教育実習生たちは,準備してきたことを一生懸命に「教えて」くれようとします。

 その姿勢はすばらしい。

 しかし,授業をビデオに撮ってみてみると,子どもが「学んでいる」ように見えない

 「教えている」つもりの教師と,「学んでいない」子ども

 何も,教育実習生に限った話ではないでしょう
 
 単純に,「機械のように」できることを目指す人たちにとっては,

 「子どもが自ら学び,自ら考える」ことの意義は二の次になるわけですが,

 もし,自分自身が本当に「学んで」きたのだとしたら,

 「どういうところに疑問を感じ,どういうところにこだわりをもって考えてきたのか

 という履歴を紹介してほしいですね。

 正しい方法でただ練習すれば上達でき,それで満足しているような人たちと,「学び続ける」人たちには,決定的な違いがあります。

 それは,人間を「故障した機械」扱いしてしまえるか,そうすべきではないと考えるかの違いです。

 「故障した機械のような人間は排除される」とまで書いた人の発想は,「機械」としての発想であり,

 「人間」を教え,育てる「人間」のものではありません

 「学べる」人が,「教える」人としてはふさわしい,私はそう考えます。

 100%できる人間が,子どもを教えても子どもが同じようにできるとは限りません。

 50%しかできない人間は,そういう人間だからこそ,何かでカバーするための工夫をするわけです。
 
 そういう人間を子どもたちが超えていくこと,これが「教える」ことの醍醐味なのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 教育者が学ぶ姿勢をなくしてどうする? ~dolceさんの情けない教育観~ | トップページ | 「授業をやりたい!」という欲望を乗り越えること »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

良くある話ですが、外国人の英語講師より、日本人で苦労してTOIEC,TOFELでハイスコアを獲得した人の方が良いという事実があります。

日本人としての、発音の仕方の苦しみや、インチキ文法で悩まされたとかそういう悩みを共有できるからだと思います。

授業で、教科書の朗読をして、練習問題は単純に答えを黒板に書くだけという授業をやっている人いますね。どこで解らなくなってるかとかそういうことに完全に無関心、そう言う授業では、学力はつきません。塾に頼るしか無くなるのです。何でそういう授業になるのか、授業内容をなめてかかっているからでしょう。そういう先生にちょいとばかり難しい質問をすると逆ギレしてしまいます。こどもはそれが怖くて質問すら出来なくなります。

授業は、理解していく上でまずなにを注目してどこが解らないのかどこが新しく学んだことなのか明確に示すこと、勘違いしやすい事柄を網羅的にその違いを示すことから始まります。上記のような先生にはその能力がありません。自ら学ばないからです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学べる」人が「教える」人としてふさわしい:

« 教育者が学ぶ姿勢をなくしてどうする? ~dolceさんの情けない教育観~ | トップページ | 「授業をやりたい!」という欲望を乗り越えること »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より