ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 無遠慮なカルロスさんの態度は,嫌いではありません | トップページ | dolceさんには通じない言葉 »

ないはずのものをあらしめることによって,あるはずのことをなからしめる

 海軍大臣山本権兵衛が,東郷平八郎を連合艦隊司令長官に抜擢したとき,明治天皇に

 「運のいい男だから

 と説明したそうです。

 この一言だけからも,いろいろなことを考えることができます。

 日露戦争というものへの当時の軍人の考え方

 優れた指揮官の資質

 内田樹は,武人の優れた資質に,

 「ないはずのものをあらしめることによって,あるはずのことをなからしめる

 ことができる力を『安宅』の弁慶もひきながら,紹介しています。

 (内田樹著『街場の読書論』太田出版)


 起こるはずのことが起こらなかった場合,

 それがなぜ起こらなかったのかを後から説明するのはとても難しい,というか,説明したとしても,具体的な根拠があげにくい。

 これが,起こるべくして起こった場合は,後からいくらでも根拠をあげることができる。

 教育の世界にも,説明できないたくさんのことがあります。

 ベテランのAさんの学級が崩壊し,新採のBさんの学級が,とてもよい状態を維持している。

 これを聞いた瞬間に,Aさんは人柄に課題があり,Bさんには情熱があったのだろう,などと想像するのが,「精神主義」「情緒主義」の人間。こういう人は,「感動する」のが好きだから,よい方向に向かっているときは周囲も迷惑しませんが,いったん負のスパイラルに入ると,破滅するまで抜け出すことができない

 歴史を学ぶと,日露戦争と勝利と,アジアと太平洋地域における戦争の敗北には,共通する背景があることに中学生でも気づくことができる。

 Aさんのどのような行為が,崩壊を招いたのか,と同じくらいに,Aさんがどのようなことをしなかったことが,崩壊を招いたのかも考えなければなりません。

 Bさんがどのような行為をしたから,よい状態が維持できているか,と同じくらいに,Bさんがどのようなことをしなかったために,よい状態を維持できているかを考えなければ。

 やがて,Aさんの学級は秩序を取り戻し,今まで経験したことのないような成長を子どもが見せることになるかもしれませんし,Bさんの学級が崩壊し,今まで経験したことのないような荒れを子どもが見せることになるかもしれない。

 ベテランのベテランらしくあってほしい点は,「このままではまずいな」という「アラーム」が聞こえること。

 残念ながら,その「アラーム」が聞こえてないな,と思われる人が教育現場にいる。

 案の定,ということもあるし,「結果オーライ」的な,「よく何も起こらなかったな」と安堵できることもある。

 本当に指導力のある人というのは,「なぜこの人のもとで子どもがちゃんと成長しているのか,理由がわからない」人のことなのかもしれません。

 自己教育力という便利な言葉が教育界にはあるんですね。

 こんなことを東郷さんに言うのは失礼なのでしょうけれど。

 ************

 最後に一言。書き忘れていました。

 今の学校教育の問題。

 あるはずのものをなからしめることによって,ないはずのことをあらしめる

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 無遠慮なカルロスさんの態度は,嫌いではありません | トップページ | dolceさんには通じない言葉 »

教育」カテゴリの記事

書評」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

長崎県で教員による不祥事が多発して「非常事態宣言」が出されたとき,重大な犯罪行為が,「ふだんはまじめで勤務態度のよい教員」によって起こされるために,「打つ手がない」という「弱音」も合わせて語られていました。

教員間の「つながり」は,昔ほど強くなっていないのは私の経験上からもわかりますが,それは「忙しい」からではなく,「つながり」の大切さが認識されていないからだと思われてきます。

また,人と人をつなげる,そういう役割の「人」も大切です。

「仲人さん」も今は減ってきているのでしょうか。

管理職にはせめて,そういう役割を担ってほしいと思います。

記憶に新しい事件ですが
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120228-OYT8T00407.htm
同様にほったらかし?という事故は発生しています。

他校の災難であっても学ばなければならないことを学ばない、当然当事者の学校も学ばないのです。

アラームが鳴って逃げ出している例が以下のリンクにあります。

http://www.youtube.com/watch?v=sNCo09W-i30&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=frICSD-52BE&feature=related

同様の事故、事件は無くなることは決してあり得ないでしょう。
子供が、物として扱われているかのようなそういう先生が実際にいる訳ですから。

当然事故に対しての対応について何も反省しないし、被害者がどうなったのかも知ろうとさえもしないという現実。

いつもチェリー・ピッキングばかりやっているといざ、事故発生というときに全くほったらかしという事では無いかと推測できてしまいます。

学校でのチェリーピッキングはやめなければならない当然のことですが、それをいつまでたってもやめられない、腐敗した政治家とほとんど変わらず、子供をいつも上から目線だけで見て、都合の良いときチェリー・ピッキングという体質。演技性人格障害の人によく見かけられる行動パターンです。

採用試験でこの人格障害の人は落とすという配慮が必要かもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 無遠慮なカルロスさんの態度は,嫌いではありません | トップページ | dolceさんには通じない言葉 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より