ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« やっと気づいてくれたdolceさんに感謝!=第一関門突破 | トップページ | dolceさんを喜ばせるための情報×2 »

人権感覚がよみがえるかどうかが第二関門

 前の記事の一部の再掲です。

 「自分が書いたことに異議を唱えられた」から,「反論する」・・・しかも,相手の「頭がおかしい」[2]という言い方で,かつ,それが「良くない言葉であることを自覚しながら使ってしまう」,というパターンを繰り返している人のことをさしている,ということになります。[3]

 という私の言葉に対して,

 あいかわらず,

>頭のおかしい人がいるから、その人を治療するための病院があるのです。
>胃のおかしい人がいるから、胃を治療する胃腸科があるのと同じです。

>[3]ここで「ということになります」といえるのは、絶対的な真理でなくてはなりません。
>それは、一般的に承認されていることがらでなくてはなりません。


 という反論のされ方になる。

 いいですか。

 胃のおかしい人が,胃腸科に通う,これはいいです。

 しかし,「頭のおかしい人が治療を受けるための病院」とは,どのような病院のことですか???

 その病院に通う人を,dolceさんは「頭のおかしい人」と呼ぶのですね!

 dolceさんには二重の問題を指摘しなければなりません。

 「二重の問題」が何かは,おそらく私の文章をお読みの方はほとんどわかる・・・「一般的な承認」が受けられることと思われます。

 絶対的な真理かどうかはわかりませんが。

 まだ突破できていない「第二関門」は,「よくない言葉」と知りながら,その言葉を「よくない使い方」だと自覚できないでいるdolceさんに,「どこがよくないのか」を自覚してもらうことですね。

 そうでないと,もう「見捨てている」かもしれませんが,しょうさんなどが「もうやめた方がいい」とまた「助言」をしに訪れるようになるかもしれません。それはもちろん,dolceさんのためを思って。

***********

>これは、国語力のなさから来るものか、思考がおかしい(わかりやすく言えば、頭がおかしい)のどちらかではないか

 この文章の使い方から,dolceさんが教師時代にどのような言葉を使っていたのか,心配になるのです。

 国語力がまだ十分に身に付いていない子ども,思考力が十分に育っていない子どもが,論理的に「おかしいこと」を言ったとします。これをdolceさん流の「わかりやすい」表現では,「頭がおかしい」とよぶわけですね。

*********************

カルロスさんのご指摘のとおり,私の文章をお読みになった方の中にも,たいへん不快な気持ちになった人がいるかもしれません。

 この場を借りて,お詫び申し上げます。

 お願いは,長い目で見て,希望を捨てない教育のあり方というのを感じていただきたいというのが,私の思いです。

 貴重な時間を割いて,無駄なことをしているように思われる人がいるかもしれません。

 教育という仕事は,ある面では,非常に無駄なことの繰り返しをしているにすぎないとも言えます。

 しかし,それを無駄だからやめる,と思った瞬間が,教育という仕事から去るときです。

 現場にも,そこから去った人の中にも,一度,本当の意味で教育の仕事から去ってしまった人がいます。

 というか,本当の意味で教育の仕事に「最後まで」かかわることができなかった人がいます。

 今回,確信がもてたのは,亡霊の正体です。

 成仏できないでいる理由が行間からしみ出しています。

 あともう少し,ご辛抱ください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« やっと気づいてくれたdolceさんに感謝!=第一関門突破 | トップページ | dolceさんを喜ばせるための情報×2 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人権感覚がよみがえるかどうかが第二関門:

« やっと気づいてくれたdolceさんに感謝!=第一関門突破 | トップページ | dolceさんを喜ばせるための情報×2 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より