ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育に情熱があっても無駄な「職務」観 | トップページ | 長野県の「自習を減らす」努力は,実を結んだの? »

dolceさん流の「ごまかし」術

 dolceさんは,「お金を出さないと不正合格は果たせない」と考えているようですね。

 何だかそういう発想自体が,嫌らしい。

(ここは,残念ながら,ごまかしきれていません。過去の記事を読まれてしまうと,指摘が矛盾しているのが明らかになってしまうのに,それにはおかまいなしに「次の矢を飛ばせる」のはすごいです。)

 教員採用に限らず,「縁故」「(元の)上下関係」「義理」などが影響して,本来の「得点」とは「別のかたちの上積み」によって合格できる人間がいる疑いは,「世間」を知っている人なら当然もつものでしょう。

 「どうしてこんな人が教員になれたのか?」という人を目の前にしたら,容易に想像できる話です。

 金品の授受はなくても,「別のかたちの上積み」が「不正」であることは間違いないですね。

 (「別のかたちの上積み」が「不正」ではない可能性がある,とdolceさんが判断しているのは少し意外でした。が,これは「合格してしまえば問題ない」という自分の発言との整合性を保つための指摘なのでしょう。)

 こういうケースでは,採用された人間は,「不正」があったかどうかを,今の制度では,確かめる方法はありません。(具体的な点数やその根拠の開示に耐えられる採用試験をするのは無理でしょう。)

 そもそも自分の採用について,コネによる「不正」があったかどうかを調べる人間はいないでしょう。(自分自身がコネを使う,という発想自体をしていなければ,なおさらです。)

 「不正はなかったですか」と聞かれる方も,合格させるために不正をしたのなら,「不正がありました」とは答えないでしょう。

 今の採用方法だと,こういう「不正」を暴くのはかなり難しい,というか,ほとんど不可能でしょうね。

 繰り返すようですが,dolceさんのように,「採用試験に合格したのだから,何の問題もない

 とだれもが思っているのであれば,このタイプの「不正」を暴こうという発想もできないことになります。

 dolceさんの根本的な欠点は,「採用試験に合格して教員になったのに,指導力不足で現場に立てなくなる」教員の存在への課題意識がないことです。

 だから,指導力の有無の方へ眼が全く向かない,というか,そっちが本題だと都合が悪くなってしまうのです。

 dolceさんのブログの中の「世間」の意味は,もしかすると「世間」で使われている「世間」ではないかもしれません。どなたかの解説をいただきたいところです(dolceさんの解説はもはや不要です)。 

 多くの人は気づいていると思いますが,dolceさんという人の頭の中では,「仮定する」「想像する」という操作が困難というか,否定されていて,使い物にならない模様です。

 そして,「断定している」と勝手に「断定する」ことで,思考停止に陥ってしまう。

 dolceさんとのコミュニケーションがうまくいかないのは,もしかしたら,私の日本語を他の言語に誤って翻訳して,その誤訳をもとにしてご自分の見解を日本語で述べているからなのでしょうか。

 別にdolceさんに話しかけているわけではない部分も,自分への語りかけだと誤解して返している部分が多々あります。

******************

 学力観についてもお答えしないといけないのですが,

 dolceさんタイプのクレーマーは,自分が重要な質問に答えないですむ根拠を,「そっちがこっちの質問に答えないから」とするので,こちらの方は,答えないといけないですね(そして答えると,それは正しくないといって,自分が質問に答えてないことはごまかしてしまうのです)

 電話対応の時間が長くなってしまうクレーマーの,代表的な「神経回路」です。

>ところで「学力観を示していない」という批判について、あなたの見落としを示しましたが、その後どうなったんですか?
>あなたは、勝手に見落としておいて「スルーする」と、他人を批判しますね。
>あなた自身はどうなんですか?

>学力についてきちんと答えましょうね。

>「ペーパーテストが悪い、いけない」なんて私は言ってませんよ。人の話を改作しないでください。

 私が批判しているのは,dolceさんが「ペーパーテスト」は記憶力を測るためのものだ,と主張していることであって,「dolceさんがペーパーテストを否定している」と書いたことはありません。

 「ペーパーテスト」では教師としての使命感など,欠かせない資質や能力を測定しきれない。だから,「ペーパーテスト」=「記憶力」で選ばれてしまうような仕組みには問題がある,と言っているのは,dolceさんではなく,私の方です。教員採用試験というのが,「そういうもの」だとすればです。実際に,そういう面はあるでしょう。

 ただ,「ペーパーテスト」は記憶力を測るためのものだ,というのは,昭和時代の学力観の象徴だということを述べています。樽の概念図も同じようなものです。

 私が見落としているわけではありません。

 平成時代の学力観を理解している証拠がどこにもない,ということを述べているのです。

 この意味がdolceさんにはわからないので,エンドレスになってしまっているのですね。

 新しい学力観に基づいた指導要録の書き方も知らなかったし,時間がどこかで完全に止まってしまっているdolceさんの「時代遅れの学力観」と,現在の「学力観」の違いを詳しくお知りになりたい方は,文部科学省のHPをご覧になることをおすすめします。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ 

« 教育に情熱があっても無駄な「職務」観 | トップページ | 長野県の「自習を減らす」努力は,実を結んだの? »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dolceさん流の「ごまかし」術:

« 教育に情熱があっても無駄な「職務」観 | トップページ | 長野県の「自習を減らす」努力は,実を結んだの? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より