ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« こういう教師になってはいけない 【序】 | トップページ | 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 »

回転がきかない部活動の指導者

 次のグラフは,中学校教員の年代別構成比の推移を示しています。

24033102

 私が教員に採用されてからとほぼ同じ時期の推移ですので,これをもとに約20年を振り返ってみますと,

 平成の頭では,部活動はかなりさかんで,やはり20代,30代の教師はそれなりに多かった,という印象が残っています。全国平均では,やはり過半数がこの世代だったのです。

 しかし,平成13年,これは私が2校目で勤務を終えようとしていたころですが,40代,50代の教師の方が多くなっています。

 ちょうどこのころでした。部活動を何とかもってほしいという校長の要望にキレて,教員を辞めてしまった人がいました。若い世代が入らなくなっているので,部活動顧問の「世代交代」ができず,それまでは何とか逃げられていた教師が,部活動の顧問を引き受けなければならなくなった。

 これが,その前の顧問がとても熱心で,生徒や保護者の信頼のあつい人だと,とてもやりにくいわけですね。

 実際に,顧問の転勤先に住所を移して,転校してしまう生徒まで出てくるわけですから。

 その後,40代,50代の教師は増え続け,3分の2を占めるようになっています。

 小学校では,50代の教師の中でも大量採用だった時期の人が退職しはじめていますから,5年くらい前に20代,30代の割合を「底を打って」います。

 中学校ではようやく底を打ったくらいでしょうか。

 それにしても,3分の1が50代というのは,やはり多いですね。

 学校の先生は気も若いし,見た目は実際に年齢不詳の人も多いですから,子どもはそれほど気にしてないかもしれませんが・・・。

 部活動については,30年くらい前は,新しい教師がどんどん入ってきますから,部活動の顧問も,どちらかというと「取り合い」みたいな状況もあったでしょう。

 私も,大学まで野球をしていましたが,顧問を務めたのはバスケットボール部でした。

 これが,今では「押し付け合い」になってしまう学校も増えている。

 なかなか厳しいですね。

 学習指導の問題なら,「塾」に頼るという選択肢があるのですが,

 部活動の指導となると,これは難しい。

 これから増える中学校の新規採用教諭にとって,まず大きな壁は,部活動の指導でしょう。

 勉強しなければいけないことが多くて,たいへんですね。

 冗談交じりに私がいつも話すのは,教員になって,

 学習指導,生活指導,部活動,どのようなエネルギーのかけ方になるかというと,

 教員になる前は,5対3対2くらいかと思っていましたが,

 実際に教員になると,1対3対6くらいの比重に私は感じました。

 休日がないのにはまいった。自分の草野球の試合が午前中,午後はずっと部活,のような・・・。

 学校によっては,1対8対1のようなところがあるかも。
 
 0対0対10なんてところも・・・・。

 参考までに,次のグラフは小学校のものです。

 24033101

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

« こういう教師になってはいけない 【序】 | トップページ | 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回転がきかない部活動の指導者:

« こういう教師になってはいけない 【序】 | トップページ | 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より