ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教師がもつべき「清貧と復興」の思想 | トップページ | 教育ブログをやっていて良かったと思えた瞬間 »

「東京の公教育への心配」の仕方への心配

 toshiさんという人の記事を読むとわかるとおり,

 東京の公教育への「心配」の仕方は,二通りあります。

 一つは,toshiさんのように,「先生の立場」からの心配。
 
 もう一つは,私や,東京の公立学校に子どもを通わせている,あるいはこれから通わせる予定の「保護者の立場」からの心配。

 toshiさんは,教育委員会(教育長)の方針という,校長が従わなければならない教育長の命令の中身を心配している。

 私は,なぜ教育委員会(教育長)が,そのような方針を出したかを知っている。

 東京の先生方の教育が,保護者の期待に応えきれていないということ。

 そして,その傾向は,特に小学校の場合は教員の大量採用によって,どんどん高まっていく,ということ。

 だから,toshiさんみたいな人たちの「対応能力の欠如」をみると,「だからだめなんだ」と思ってしまう。

 教員のなかには,教師としての資質だけでなく,公務員や社会人としての資質にも欠けている人がいるのがばれてしまう,と。

 dolceさんのように,校長の命令には絶対に従わなければならない,という立場の人ばかりなら,命令に従っている教員の指導力不足を盾に,校長の命令なり教育委員会の命令なりに疑義を呈することが可能になります。

 校長の命令=教育委員会の命令どおりにやっているから,こんなレベルの教員ばかりになってしまって,東京の教育力が低下しているのだと。

 しかし,toshiさんたちの発想は,そうではない。

 教育委員会の命令に,疑義を呈している。

 それはそれで,決して悪いことではないのですが,

 命令の趣旨を理解して,それに沿った行動を起こし,

 教育の目標の実現に努力してみて,そこからさらなる改善への道を見いだしていく,

 そういう意欲の欠如がありありと感じられる,

 それが,東京に限らず,公教育への心配が高まるということへの心配なのです。

 タイトルだけ読むといいことが書いてありそうでも,なぜか不思議と教育への熱意が感じられない,そんな教育ブログもあるものです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

« 教師がもつべき「清貧と復興」の思想 | トップページ | 教育ブログをやっていて良かったと思えた瞬間 »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

若い人には,古い人の話を聞くのも大事ですが,古い人の近くにいるより子どもの近くにいる時間を長くしてあげたいです。勉強になるのは,今,苦しんでいる10年後の自分みたいな人の近くにいることでしょうか。

>教育の目標の実現に努力してみて,そこからさらなる改善への道を見いだしていく,
>そういう意欲の欠如がありありと感じられる

見てきました、全く同感です。要するに昔は良かったといっているだけで、どこをどう改善するのかという話は無いですね。昔は良かったと思う人はすでに脳が老化し始めていて、いろいろな判断を間違うことが多いです。高齢者のドライバーに事故が多いというのとほぼ同じで、脳の老化は男性の方が目立つようです。

脳が老化すると、新しいことを受け入れにくくなります。それ故昔は良かったとなるのだろうと思います。誰しもやったことの無いことを初めてやるには相当なエネルギー、集中力、やる気、意思の力など掘り出して使わなければなりません。
それに抵抗するばかりでは良くはなりませんね。リハビリはつらいけど何もしないでいるとさらに衰弱してしまうのです。抵抗するエネルギーを受け入れるエネルギーに変えなくては、あまり良い結果にはならないと予測がつきます。

結局現役時代に何も磨かれていないということなのだと思えるのです。
研究者でかなり年配の人とかは七十歳を過ぎても新しいことに挑戦し、発表し成果を重ねてゆくのですが、、、、

脳の仕組みと学習、教育には密接な関係があると考えられます。
鳥が教育という行為を行うのも確かめられています。(私は母猫が子猫を教育しているのを見たけれど)鳥は学習能力がかなり高い動物という位置付けです。

動物に負けるのでは文明社会について行けない困った人になってしまいます。
今の日本の現状は、日本人の就職先が外国人に奪われているという現実。
これをもっと重く受け止めるべきでは無いでしょうか。
脳が老いた老人の描いた理想論は現代社会ではすでに通用しない側面を持っているということです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京の公教育への心配」の仕方への心配:

« 教師がもつべき「清貧と復興」の思想 | トップページ | 教育ブログをやっていて良かったと思えた瞬間 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より