ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 名古屋人の勤勉性と「放課」 | トップページ | 小中一貫校には,大切な時期に大切な人と出会える12歳児がいる »

気に入った仲間同士でつるむ大人集団

 さまざまな学級文化をもった「元小学生」が集まってくる中学校では,

 「新しい人間関係づくり」の実現をめざして,非常に多くの時間を費やして,指導します。

 ときには,いつも「元の仲間」とつるみ,教室を離れて廊下でわいわいやっている連中を教室に戻させます。

 「小学生気分」が抜けない子どもたちは,学校による組織的な取り組みやよほどの偶然のきっかけがない限り,「幅の広い新しい人間関係づくり」ができないために,少人数の塊を維持しようとします。

 これは小学校の教師の姿そのままとも言えるでしょう。

 小学校の教師は,日常的に何人といっしょに仕事をしているという自覚があるでしょうか。

 研究校などでは,3種類,4種類の会議が連続する,という一日を体験することができるかもしれませんが,孤立して自ら命を絶つ若い教師がいたように,ごくごく狭い世間,人にとっては王国にひきこもって,教室から外に出ず,子どもだけと毎日を過ごしているような人がいます。

 こういう人間の生き方を子どもはまねてはいけません。

 中学校に入ると,生徒たちは,とても多くの先生方の名前を覚えなければならない,「社会」の現実を知るようになります。

 中学校という「社会」の広さは,「学校」という場では本当にごくごく限られているのですが,中学1年生の4月には,教科の部屋がどこにあるのか分からずに迷うような,そういう広がりのある場所になります。

 部活動の試合で外に出れば,どの学校の先生か分からない人に,挨拶ができていないと叱られたりもします。

 小学校教師にとっても,「小中一貫校」に入ると,担当によっては「9年生」の生徒を相手にしなければいけないようになり,とても視野が広くなっていくはずなのですが,

 あくまでも「小学校」という枠にこだわり続け,

 子どもに正対しようとしない,というより,自分の果たすべき役割を自覚するに至らない,そういう教師がいることがわかりました。

 小学校教師の「小学校」というせまい領域の付き合いと,まだ思春期の多重的な問題が発生しない,のどかな子どもとの付き合いになれきって,広い世界に足を踏み出そうとしない,

 そういう生き方があたかも推奨されているかのような教育ブログは,子どもにとっては何のプラスにもなりません。
 
 情意の問題でみんな片づけられてしまうような,責任能力のない大人の社会が成立するのは,幼稚園か小学校くらいでしょう。それも,公立の学校のみです。

 こういう状況から抜け出さなければならないという自覚をもってほしい相手は言うまでもないのですが,それを邪魔するのが好きな人がいるようです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

« 名古屋人の勤勉性と「放課」 | トップページ | 小中一貫校には,大切な時期に大切な人と出会える12歳児がいる »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気に入った仲間同士でつるむ大人集団:

« 名古屋人の勤勉性と「放課」 | トップページ | 小中一貫校には,大切な時期に大切な人と出会える12歳児がいる »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より