ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 | トップページ | ミラーに映るものがない,というのが正解 »

自分の子どもの担任になろうとは思わない

 小学校の教員には,公私の境目がない人が多い。

 と書くと,そんな馬鹿な,と思う人がいる一方で,どきっとする人もいるでしょうね。

 それでいいのだ,という人もいれば,だからだめなんだ,という人もいるでしょう。

 小学校で教師と児童が「お友達感覚で話している」ことが「異常であること」を,なかなか理解してもらえない人がいるものです。

 同じ学年なのに,やっていることがまるで違う学級があるのは,中学校からすれば理解できません。

 組織の動きではなくて,個人の動きが中心になるのですね。

 小学校教師のブログを読むと,恐ろしい文言に出会います。

 たとえば,「クラスを手放すとき」のような。

 担任していた学級を私物化していた証拠です。

 本人は,責任をもって学級を経営してきたつもりなのでしょうが,少なくとも「あなたのものではない」のです。

 「私共(わたくしども)空間」というのは私の造語ですが,小学校の「学級王国」が,その代表的なものです。

 とにかく,独特のルールなりしきたりが決められ,子どもはそれに従って動かされているわけですからね。

 頭のいい子は,担任の考えていることを予想して,望んでいる通りに動く行動パターンを身につけますから,行動原理が似てきます。いつの間にか,気の毒に,「私のクラスの担任の言っていることは正しい」と信じ込んでいく。

 ちょっと斜に構える子どもは,本質的な理解をしているのに(本質的な理解をしているからこそ),担任から嫌われ,評価されない。

 「クラスを手放す」ときに,わざわざ「次の担任の先生の言うことをよく聞くんですよ」と話しかけてくれる人もいる。

 こういう「風通しの悪い」空間からやってきた子どもたちは,中学校の教師にはとてもよくわかります。


 公私混同の極め付けは,「自分の学級に自分の子どもも入れたい」と思うような感覚ですか。

 もし,本気でそんなことを思っている人がいたとしたら,という前提で,思ったことを述べていきます。

*******************

 監督の息子が同じチームにいるというやりにくさは,想像がつかないことでしょうか。

 担任の子どもが,自分のクラスにいたら,どうですか?

 気を使いますよね。周りの子どもは。

 子ども集団には,子ども集団だけでもっておきたい秘密もある。

 それは,当然,担任の子どもとは共有できません。

 そして,一番気の毒なのは,子ども本人でしょう。

 自分の子どもには評価を甘くつけるのではないか,という「しけた疑義」が寄せられることにはふれるまでもありません。
 
 そんなことより,子どもにかかるプレッシャーが半端ではないことを想像することはできないのでしょうか。

 極小規模の学校では,学校の存続のためにわざと子どもが多い教員をとって,児童数を確保する,なんてことをしますが,そういうケースではなく,一般の学校で,親が自分の担任って・・・・・。

 学校でも,家に帰っても,親と一緒にいなければならないことって・・・・。

 先日,5歳の娘が,私が教師であることを改めて知って,「パパが先生なんてできるの?」と心配してくれました。

 私が現場でどういう先生なのかは,娘には知ってほしくないですね・・・・。

 「あんな担任よりは,自分が担任になったほうがまし」という気持ちはわからないではないですが・・・。

 ああ,この言い回しは・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
 
 

 

 

« 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 | トップページ | ミラーに映るものがない,というのが正解 »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の子どもの担任になろうとは思わない:

« 「教師の失敗55」と「指導力不足につながる事例33」 | トップページ | ミラーに映るものがない,というのが正解 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より