ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 高校入試改革に関心のある人が多い地域?ランキング | トップページ | 165票でつぶされる少女 »

<公立高入試>の「正しい見直し」の方法

 入試制度が複雑になっている理由を,行政の立場から説明すると,次のようになります。

 平成9年の中教審第二次答申。

 テーマは,「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」。

 ここで,「今後の教育改革の指針」の一つとして,

 過度の受験競争の緩和を図る観点から、大学・高等学校の入学者選抜の改善を推進すること

 が示され,大学では

 学力試験の偏重を改め、選抜方法・尺度の多様化の推進

 高校では

 選抜方法の多様化、評価尺度の多元化(同一高校での複数の選抜基準の導入、子どもや保護者の自己申告書の活用など)

 「生きる力」の育成を目指す中学校以下の教育を尊重(調査書の活用、推薦入学の推進など)

 などがすすめられたのです。

 今振り返れば,「過度の受験競争」とは何を指していたのか,これを具体的に示す指標があったのか,ということが大きな疑問として浮上します。

 人気のある学校があれば,どうやっても競争は激しくなるのです。

 過度の受験競争をなくすためには,「どの学校も同じくらい入りたくない学校」ようにすればよいのですが,それは冗談です。

 学習指導要領が,この後,二度,改訂されました。

 知識基盤社会を生きる上では,「確かな学力」を身に付けさせることが欠かせない。

 だから,やはり学力検査を重視する方向へ,転換しなければなりません

 「学力試験に偏重」という表現はマイナスイメージですが,「学力試験に重点を置く」といえば,強いメッセージを発することができます。

 そして,入試の見直し方法として最も力を入れなければならないのは,思考力・判断力・表現力の有無をしっかり判断できる問題をつくること,と言いきれるでしょう。

 現場の大目標は,テストと言えば,暗記,という単細胞人間を,教師からも子どもからも根絶するのです。

 テストと言えば,「思考力を使い,表現力がなければできない問題」のことだと思われるような土壌を現場でつくるのです。

 センター試験のような,選択式でやさしすぎる問題ではだめなのです。

 すると,どういう障害が出てくるかというと,「採点に莫大な時間を要する」ということですが,そもそも人を正しく評価するためには,そういう時間と労力がかかるものなのです。

 当たり前ですが,作問をする側にも,とてつもない時間と労力,思考力,表現力,創造力などの能力が必要となります。

 学校現場にも,定期考査などで,「どれだけの良問が作れるか」という課題がのしかかります。

 これは,つまり,「どれだけよい授業ができているか」と同じ課題なのです。
  
 昔,「入試が変わらなければ指導は変わらない」という言葉がはやりました。

 そんな言い訳ができない「入試」は,本気になれば実現できるはずです。これが喫緊の課題です。

 中教審第二次答申のときのような「いい加減ですまされる」時期ではないのですから。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

« 高校入試改革に関心のある人が多い地域?ランキング | トップページ | 165票でつぶされる少女 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <公立高入試>の「正しい見直し」の方法:

« 高校入試改革に関心のある人が多い地域?ランキング | トップページ | 165票でつぶされる少女 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より