ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「話し合い」「学び合い」が不適切な場合 | トップページ | 小学校の教師が信用できない理由 »

「パワハラ」を絶対に「パワハラ」と言わせない「パワハラ」

 行政の場合は,法令が最大の武器ですから,どんなに強い指導をしても,それは「パワハラ」には該当しません。

 そもそも,そういう「圧力」に抵抗してまで,自分のやりたいようにやる,という気概のある人は官僚にも公務員にもなりませんから・・・というか,そういう人は法改正をするために議員になるべきなのでしょうが,ある程度の裁量が認められる範囲の問題については,行政の担当者も苦慮する場合があるのです。

 校長が判断に迷うことの例として,インフルエンザに感染している人の「試験を受ける機会」は奪えるのか,どうかという問題があります。

 中学校や高校で,定期試験のときに体調不良の生徒がいた場合,「保健室受験」とか「別室受験」という対応がとられているはずです。

 つまり,「出席停止」の扱いとするのは,「ほかの生徒への感染を拡大させないため」であり,特別な事情がある場合には,「ほかの生徒への接触ができないような処置」をとる方法もあるのです。

 これを,入学試験のときにはやらない,と宣言してしまうと,どういうことが起こるかというと,

 「インフルエンザに感染していることを隠して受験する」生徒が出てくる・・・・それは,当然のことでしょうね。特に,熱が下がったばかりのタイミングなら,出席停止中だから受験=志望校への進学をあきらめる,なんてなかなかできないことでしょう。

 これが,新型インフルエンザなんかの場合はとくに怖かった。

 私が問い合わせた当時の教育委員会の答えは,「中学校の校長が,出席停止扱いにしているのだから,インフルエンザに感染した生徒は受験会場には来ない」というものでした。

 こういう答え方なら,責任は受験生の学校の校長に負わせることができる。

 「中学校の校長」と「受験生である中学生」を信頼する,という何とも「美しい」言葉での回答ですが,私の危惧は当然のことであり,そもそも,「インフルエンザだから受験機会を失う」というのも,受験生,そして中学校側からすると,「納得できない」ものでした。

 生徒が受験する可能性のある高校,前任校で進学した先の高校に,「隠れ患者への対応」「事前に申し出て対応を相談できるか」と問い合わせたところ,すべての学校が,「教育委員会の指示待ち」になってしまって,結局は質問した私に対する教育委員会からの恫喝となり,上司でもなんでもない公務員から「お前の学校の受験生に不利になるぞ」と言われる結果となりました。

 まさか私がその声を録音していたとは思っていないでしょうが,ちょうどそのころ,恫喝で有名だった人間が内部にいるのを知っていたので,そこで育った人は同じような対応をするのを予想していた私は,「受験生が不合格になったときのため」に証拠をとっておいたのです。

 教育委員会から,名指しで電話がかかっているというのは,めったにないことですからね。

 結局,私は,内部で学んだ知恵をはたらかせて,「感染症対策本部」というところを動かして,「適切な対応」をとってもらうことに成功したので,恫喝した人間も「事なきを得た」のです。

 「お前の将来がどうなってもいいのか

 という公務員が使うパワハラというのは,精神的に弱い人には効き目があるのでしょうが,

 私のように好んで教育委員会にいたわけではない教師の場合は,

 「自分の将来よりも子どもの将来の方が大事だ

 という気持ちの方が強いので,内部にいて言われても「パワハラ」としては認識しなかったでしょう。

 ただ,やはり,「お前のところの子どもがどうなってもいいのか」にはハラハラさせられる。

 本当のパワハラというのは,パワハラだと訴えさせないくらい,強力にやる必要があるのです。

 そして,中途半端に相手に響くのではなく,立ち直れないくらい刺激の強い言葉を浴びせないと,パワハラだと訴えられてしまうので,徹底的にやるのです。

 そういう人が,今の行政にはいませんか。

 「お前の大学にはもう金はやらないぞ」

 と言われた人はいませんか。

 行政では,パワハラと訴える人がいなければ,「パワハラは存在しない」と言えるのです。

 いじめもそうですね。アンケートで「ない」という結果が出たら,「ない」ことになるのです。

 子どもが「いじめではない」と答えたら,いじめは「ない」ことになるのです。

 でも,人の記憶から消え去ることはありません。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

« 「話し合い」「学び合い」が不適切な場合 | トップページ | 小学校の教師が信用できない理由 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パワハラ」を絶対に「パワハラ」と言わせない「パワハラ」:

« 「話し合い」「学び合い」が不適切な場合 | トップページ | 小学校の教師が信用できない理由 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より