ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 好き・嫌いにこだわりすぎる小学校教師の問題点 | トップページ | 当て逃げ系・教育ブログの功罪(100ページの1文より) »

子どもを木ではなく森として見る教育

 私の願いは,本当に子どものためになる教育の実現,これに尽きます。

 批判されて,キレたり折れたりするような教師には,現場に立つ資格はありません・・・なんて強気なことを書いているのは,半分,自分を叱咤激励するような言葉です。独り言です。

 私の尊敬する先生方が多い小学校の校内研究では,授業者を絶対にほめないという鉄則があるそうです。どんなに計算され尽くした授業にも,問題はある・・・そういう認識がなければ,本当の授業改善はできません。

 本質的な部分で批判されるとさすがに教師は折れそうになるのですが,それを支えて踏みとどまるには,信念しかありません。場合によっては,今までのやり方をすべて捨て去る勇気もいるものです。

 些末な観察ではなく,もっと大きく授業を見ましょう。木を見て森を見ず,では絶対にだめなのです。木だけを見る授業研究の方法は,早く捨て去りましょう。

(以上,100ページの1文より)

 上の記事で,もし「木」=子ども一人一人というとらえ方をされてしまっていたとしたら,それは間違いです。

 子ども一人一人も,「森」です。

 もちろん,クラスを森に見立てて,子どもを木として認識することもできますが,一人を子どもを真剣に見ようと思ったら,一本の木ではなく,一つの森として認識した方がよいでしょう。

 表面だけ見ても,その中がどうなっているか,決して分かりません。

 子どもが40人から35人に減れば,教師の負担が減ると,真面目に主張している人がいますが,これは大間違いです。

 いい教師は,10人なら10人なりに,40人なら40人なりの仕事をするのです。

 40人から5人に減ったとしましょう。私なら,その負担の重さに耐えられなくなるかもしれません。

 教育にしろ,福祉にしろ,本当に手をかけなければいけない子どもがいる場合は,1人でもたいへんなのです。

 逆に,そうではない場合は,40人でも楽な仕事です。

 教育は「量」より「質」だ,という考えに100%反対の人は少ないでしょう。でも,ほとんどの人は何の疑問もなく「量」の話ばかり考えています。

 35人とか40人とかいうレベルの数の違いは,教師の質の違いと比べると,ほんのわずかな差の問題です。

« 好き・嫌いにこだわりすぎる小学校教師の問題点 | トップページ | 当て逃げ系・教育ブログの功罪(100ページの1文より) »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを木ではなく森として見る教育:

« 好き・嫌いにこだわりすぎる小学校教師の問題点 | トップページ | 当て逃げ系・教育ブログの功罪(100ページの1文より) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より