ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「投げる」ことができない子どもたち ふり返り366日【08/8/10】/昭和21年・第111問 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編42 叱ることができる教師 »

数余りを隠すために・・・

 そもそも今のように小規模化している学校に、「備立」を構成するための人数がいるのか、人材がいるのかという疑問があります。

 小規模校をなくしていくと、教師の数が余っているのがわかってしまいますから、反対するという論理はよく理解できますが、子どもにとって何が一番良いのかという発想がないのも気がかりです。


100ページの1文」(09/12/19)より

 大名主君からは伝令である「使番」が「先備」の旗頭の下に派遣され、敵軍の攻撃展開についての情報と作戦についての指示が伝達されるけれども、前線の指揮進退はあくまで旗頭の裁量に委ねられている。

 封建社会、あるいは中央集権的な集団主義というと、上意下達型の服従システムであるとする通念が根強い日本ですが、「激しい現場」ではいちいち中央の指示を待つことはできないわけで、その場の指揮官が短期的には意思決定を行うケースというのは普通にあったようです。

 短期的な意思決定を求められる場面が連続的に訪れる学校現場では、それだけ「前線の教師」の役割が重要で、責任も重いわけです。

 しかし、現場には、現場にもかかわらず、「中備」「脇備」「旗本備」の立場に自ら安住し、「先備」ではなく「作戦中枢部」の方ばかりを見ている教師がいることが、「作戦中枢部」の人間たちにとっても負担となっています。現場の無責任体質は、組織を崩壊させる最大の原因の一つでしょう。

 先日、ある質問をいくつかの学校にしたところ、すぐに返答をくれたのが1校、残りはすべて、「質問をもみ消す」べく「作戦中枢部」にすべてを委ねる結果となりました。ある1校の不正から始まった「改革」の行き着いた先がこの姿です。

 現場には今、複雑な状況に耐えうる「備立」をもっている学校はどれほどあるのでしょうか。

武士道と日本型能力主義

« 「投げる」ことができない子どもたち ふり返り366日【08/8/10】/昭和21年・第111問 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編42 叱ることができる教師 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数余りを隠すために・・・:

« 「投げる」ことができない子どもたち ふり返り366日【08/8/10】/昭和21年・第111問 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編42 叱ることができる教師 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より