ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教師にあこがれる子どもが多い国の特徴とは? ふり返り366日【08/8/4】/昭和20年に始まったもの | トップページ | 教師としてどう生きたいのか? ふり返り366日【08/8/6】 »

何が分からないかが分かる授業 ふり返り366日【08/8/5】

 百マス計算のように、やさしい問題を繰り返し繰り返したくさん行うことが、子どもから「本当の思考力や学ぼうとする力を奪っている」という学説がもし登場したら、とたんに取り組む教師は減っていくでしょうか。

 ある程度の経験がある教師たちでも、「本当の、本物の学習」と、「ただの流行の、冷めやすい学習」との区別はつきにくいものです。

 私がある小学校の授業を見ていて一番感じたことが、「やさしいことばかりに時間をかけすぎる」という問題でした。

 子どもは明らかに「飽きて」いました。

 教師が飽きている学習を子どもに強いても、子どもの頭は活発にはたらきません。

 特に小学校の教師は、子どもが「分からない!」という反応をすることに対して、臆病でありすぎはしないでしょうか。まさにそれを避けるためだけに、学習内容を構成している授業はないでしょうか。

 「分からない」という心理状態=学習意欲を失う・・・こういう「公式」を信じ込んでいる教師はいないでしょうか?

 もしそれが本当なら、子どもの創造力、想像力はどのように育てるのでしょう。

 ここでの話は、進学塾に通っている子どもが小学校の授業で退屈な思いをしている・・・ということとは関係ありません。

 長年抱いている疑念は、「学習に熱中させる教材づくり」が、「退屈をさせないための教材づくり」「分からせるための教材づくり」のレベルに落ちている人が増えているのではないかということです。

 「分からない」ことは当たり前のことである・・・そこが出発点だ・・・・という意識を中学校入学当初に持てないと、3年間、下手をすると6年間、「苦しい勉強」を強いられる結果になりかねません。

 「分かる授業」は大切なのですが、「何が分からないかが分かる授業」をもっと増やせないでしょうか。

08/8/5 情熱がわかない4つの原因  「教育への情熱」をどのように高めたらよいのか。  様々な立場の人から、教師へ、教師志願者へ、保護者へ・・・様々な立場の人へ、それが十分でないときに求められる問いです。  岡潔集第四巻にある言葉です。  
目標があまり遠くては情熱はわかない。  目標が正しくなくても情熱はわかない。  また、全然責任を感じないときにも情熱はわかない。  やさし過ぎても情熱はわかない。
 はっとさせられるのは、三つ目の指摘です。  教育への責任というのを、教師や保護者はいつどのようにして感じることができるのか。  事件や事故を起こしたときだけか。    一方、子どもの勉強へのやる気、学習への情熱のことを想定すると、あまりそこに子ども自身の「責任」という「重荷?」をもたせてこなかったのが、今までの教育ではないか、と思われてきました。  ここに、教育という語への永六輔の反発が理解できる立場が生まれます。  「教え育てる」行為の主体は子どもではなく教師や保護者などの大人。  そちら側には、教育の責任がある。  では、子どもの側には?  「教育」と言ったら、やはり「受けるもの」「受けさせられる」ものでしょうか。  「教育基本法」ではなく「学習基本法」を、という提唱をしている「働くための学習」(学文社)の著書、田中萬年。    「~を身に付けなければならない」という言われ方をすると、当然子どもは反発するのでしょうが、  「~を身に付けさせることとする」とされていても、それが十分にできていない状況をどう考えたらよいのか。  こんなことが面接の質問で聞かれたら、教師志願者の方は何とお答えになるのでしょう。

« 教師にあこがれる子どもが多い国の特徴とは? ふり返り366日【08/8/4】/昭和20年に始まったもの | トップページ | 教師としてどう生きたいのか? ふり返り366日【08/8/6】 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何が分からないかが分かる授業 ふり返り366日【08/8/5】:

« 教師にあこがれる子どもが多い国の特徴とは? ふり返り366日【08/8/4】/昭和20年に始まったもの | トップページ | 教師としてどう生きたいのか? ふり返り366日【08/8/6】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より