ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 自尊感情が育ちにくい子どもを育てる親・教師 | トップページ | 「暗記したもの勝ち」を終わらせるのはだれか? »

帝国海軍と陸軍による観点別評価の延命

 日本の学校教育における「評価」の改革については,やはり「黒船来航」が必要なのでしょうか。あるいは,「原爆」級のものか。

 観点別評価については,行政は帝国海軍,学校現場の一部は帝国陸軍の発想でまだ「終わり」が見えません。

「100ページの1文」(09/08/15)より

 「どこが悪いのか知らせようともしない」これまでの通知表を克服することがはっきりと打ち出され,家庭に対する説明責任を果たすために目標準拠評価を採用している。

 教育評価と言えば,相対評価絶対評価目標準拠評価),個人内評価自己評価・・・さまざまな評価が実践され,研究され,子どもたちや親に手渡されてきましたが,その研究をすればするほど,教育指導・教育実践の貧しさが際立ってくる,そういう教育の矛盾した面が露呈してしまうのが「教育評価」です。

 教育評価は,指導の改善のためだ,と明言している論者もいるようですが,とすれば柱は評価ではなく,指導です。

 1969年に「通信簿論争」というのがあったそうですが,それをやる前に,毎日の学習をどう見直していくべきかが議論されるべきでした。

 「見えない学力」「測れない学力」への挑戦が続いているようですが,それらはたいてい「見える学力」「測れる学力」が低い子どもたちへの配慮として行われているようなものです。

 評価ではなく励ましで,あるいは自己反省ですむものを,そしてもっと他に使うべき時間をあえてさいて,「評価」に力を入れることが,どんな意味があったのか,残念ながら「教育評価」の歴史には失敗への検証というのがありません。
 「教育評価」に歴史がある・・・と語るほど,その研究に意味があったのかどうか,それが本書を通して最も問われるべきときなのでしょう。

 
人物で綴る戦後教育評価の歴史

« 自尊感情が育ちにくい子どもを育てる親・教師 | トップページ | 「暗記したもの勝ち」を終わらせるのはだれか? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝国海軍と陸軍による観点別評価の延命:

« 自尊感情が育ちにくい子どもを育てる親・教師 | トップページ | 「暗記したもの勝ち」を終わらせるのはだれか? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より