ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 缶詰VS生もの ふり返り366日【08/7/13】/昭和18年のスタート | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編24 教師のモチベーション »

悪平等VS個人の尊厳 ふり返り366日【08/7/14】/第91問

 「問題はないことにする」のがベスト、というのは、役所に限らず、民間でも見られる体質だと思われます。

 ただ、「知られたら致命的」なのがこの種の「問題」の怖い面であって、「絶対にばれない」という自信をもった上司がいると、たちが悪いのです。

 ある人に認められたことが、別の人には認められない・・・・。

 「法の下の平等」を示すまでもなく、許されないことです。

 ただ、中央集権の困るところは、こういう不平等の問題があると、中央の責任を追及させようとするムードが高まることで、そうすれば余計に望まない中央集権が強化されてしまうわけです。

 「上司としての監督責任」ももちろん大事ですが、「現場の判断」で「これはあり」とせざるを得ない状況があったときに、中央に内緒で特別な処置をしてしまう・・・なんてことはあり得るでしょう。

 それをいちいち「中央に問い合わせてみませんと」と言っていたら、待っている方はしびれがきれてしまいます。

 たいてい、中央の判断はワンパターンです。

 「聞いてしまえばアウト」です。

 みんなが得する方法より、みんなが損する方法を選びます。

 「こうしか言えないでしょう」と言い訳するということは、「本当はこれは正しくない」と思っている証拠です。

 平等を原則に悪い判断を全体に押しつけようとする流れほど、みんなば損するシステムはありません。

 敗戦間近のころの日本が見えてきてしまいます。

 行政には、「平等」にとらわれすぎて、「個人の尊厳」がないがしろにされている部分がないか、よくチェックしてほしいと思います。
 

08/7/14
ありがた迷惑な問題解決
 「ありがた迷惑」なことをやってしまった経験が何回かあります。
 それは、いろいろな問題を指摘する(愚痴る、糾弾する、などさまざまな表現が可能なケースがあります)方がいるのでそれを聞かせてもらった後、本人はそれを解決、改善してほしいのだなと勝手に思ってしまい、こちらが行動に出て、問題を解決してしまった後、あまりその方がうれしそうな顔をしてくれないケース。
 本人に断らないでやってしまうのがよくなかったのかもしれませんが、他にも、改善策を提示してしまって、じゃあ、これで行きましょう、と話が進んだ直後、「待って下さい」と止められてしまうケース。
 どちらも決して少なくないケースでした。
 経験を重ねた後でわかったことは、本人は、不平・不満を述べていることに満足を感じている(?)だけであって、問題がなくなってしまうとその方法によって満足できるきっかけがなくなるために不機嫌になるパターン。
 人の悪口を言うのが好きな生徒や教師というのはけっこう多いのですが、「あなたの方が間違っている」と言えるケースは少なく、悪口というか非難に筋が通っていて、すぐに改善へ動き出した方がよい、と判断できるのに、悪口を言っている本人にはあまり悪口の対象を改善させようとする意欲がない
 こういうのは、保護者や管理職、政の仕事への批判、非難をよくするタイプの教師に多いのです。
 「なぜ直接言わないのか?なぜ他の教師に他人の批判や非難を聞かせるのか?」と思ってしまうのですが、本人は言っても無駄だとわかっているのか、あえてそのように批判や非難を続けられるような環境を維持したいのか、・・・後者の人が多いことは、教育の世界に入ってから気付かされたことです。
 さすがに教師対教師では、同じ職場内での和を重視すれば言いにくいのでしょうが、生徒などはどの先生がどの先生の悪口を言っているという情報とか雰囲気を敏感にキャッチして、いろいろなウワサとして流しているものです。
 身近な問題からどんどん解決していく姿勢。これを一般の方が聞くと「角が立つことばかり・・・」と思われるかもしれませんが、いじめ発生の背景になり得る生徒間のいざこざも、教師と管理職の対立も、みんな同じに見えてしまう私には簡単には止められません。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第91問】 
 昭和18年(1943年)の話です。
 空襲に備え,猛獣を処分せよとの指令が東京都から上野動物園に下され,ゾウやクマ,ライオン,ヒョウ,トラなどが殺されていきました。これらの動物の墓標には,何と刻まれたのでしょうか。
 ① 時局捨身動物 
 ② 時局挺身動物
 ③ 時局天昇動物

*******************
ブログランキング 歴史

 【第90問の解答
 ③の立川駅でした。武蔵野を散策し,府立農業試験場を見学しながら,未来の夫・妻を選択する会だったようです。

« 缶詰VS生もの ふり返り366日【08/7/13】/昭和18年のスタート | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編24 教師のモチベーション »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪平等VS個人の尊厳 ふり返り366日【08/7/14】/第91問:

« 缶詰VS生もの ふり返り366日【08/7/13】/昭和18年のスタート | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編24 教師のモチベーション »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より