ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「政」と「官」の距離 ふり返り366日【08/7/11-2】/昭和18年の流行 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編23 子どもにとっての最大の不幸 »

居心地の良い学校 ふり返り366日【08/7/12】/昭和18年の改称

 学校における教育関係の雑誌購入を「税金の無駄遣い」と見るか、「出版社の延命措置」と見るか、「学校の信頼回復のために欠かせない資源」と見るか、・・・それは人によって違いがあるでしょう。

 少なくとも、「1回も読んだことがない」教員が多ければ多いほど、最初の二つに当てはまる所業ということになります。
 
 教師たちは、何かにつけて「時間がない」「時間がない」と連呼します(人によっては「カネがない」とも)が、それが本当かどうかは、1年間の教育実習が行われるようになれば、その実態が暴かれるようになるでしょう。そもそも、本当に時間がないのなら、教育実習生の指導なんてとてもとてもできたものではありません。

 「どうしたら公立学校は信頼されるようになるのか

 ということがよく話題になりますが、一部の人たちは、「無条件で学校や教師を信頼するシステムをつくればいい」などと寝ぼけたことを言い、ごく一部の人たちは「今でも十分に信頼されている」と胸をはって豪語し、かげで笑われています。

 常識と非常識が逆転しているのが当たり前と思われている学校現場では、まず「実態」をしっかりを見据えることが大切です。

 「これは普通のことなのか、どうか。」
 「これはいい授業と言えるのか、どうか。」
 「この生徒たちに必要最低限のことは教えたと言えるのか、どうか。」
 「整理整頓という言葉は、だれのためにあるのか。」

 「信頼される学校とは何か」・・・この共通認識を教師集団が持てているか、どうか。・・・これが、「関係性」によって問えない場であるというのが、学校現場の最大の特徴と言えるのかもしれません。

 そもそも、教師たちは、「信頼される学校」という言葉を投げつけてくる人間(行政など)に敵意をもってしまう存在なのです。そこが分からない行政が仕事をすると、たいてい関係は悪化の一途をたどります。

 学校は、最も信頼されていないときが、最も居心地が良い・・・そんな声も聞こえてきそうです。

08/7/12 信頼回復に必要な議論  よたよたあひるさんが、教育に関する議論の話題を続けて提供していただいています。  記事に私がコメントさせていただいた内容を掲載します。   
学校現場での教師と生徒の関係は、「関係性への依存が大」で「論理的には強かったり弱かったりする」のが特徴でしょうか。ですからうまくまわるときはWin-Winの関係になり、保護者も含めていったんこじれると泥沼になりやすい。ですからリスクコントロールのために教員はチームを組んで動くべきなのです。  マスコミ報道では、現場の問題を管理職や教育委員会が謝罪するというパターンしか見えないので、現場のチームワークがなかなか見えてこない。  教育ブログでも見えにくい(これは守秘義務との関連もありますが)。  一方のネットの世界では、精神的なダメージを除けば実害はなく、とても自由な世界だと思う反面、教師が書き手の場合はその言葉によって信用の喪失という問題が生じてきます。  私のように「きれいごとばかり」と言われて批判される者もいれば、今回のS先生のような場合もある。  兎角この世は・・・のとおりです。  教師間の議論の場というのは、これまであまりオープンにされませんでしたが、保護者や教育関係者の目から、さまざまな指導観にふれられる機会というのは貴重なものであり、そして互いに批判し合うこと、議論すること自体が、子どもからの信頼回復、そしてもしかしたら尊敬の念を生むきっかけになるかもしれませんね。

*******************

昭和18年に廃止・中止・禁止・変更されたもの。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ○衣料切符点数が都市部で75点に引き下げられる。
 ○滋賀県が,教科書を公有として貸与する制度をつくる。
 ○NHK,「ニュース」を「報道」と改称。
 ○ビールが配給制になり,銘柄・商標を廃止して「麦酒」に統一される。
 ○リンゴ園の耕作転換令が出される。
 ○燃料不足のため,神奈川県浴場組合は男女とも洗髪を禁止し,使えるお湯は7杯まで,入浴時間は30分以内とし,厳重に守らせた。
 ○文部省,諸学校の夏休みを廃止し,学内皆訓練と決定。
 ○東京6大学野球が廃止となる。
 ○東京都内唯一のゴルフ場,駒沢ゴルフ場が閉鎖。防空用地と農場になる。
 ○作付統制令が強化され,エダマメ・ミツバ・食用ユリの栽培が禁止される。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

« 「政」と「官」の距離 ふり返り366日【08/7/11-2】/昭和18年の流行 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編23 子どもにとっての最大の不幸 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居心地の良い学校 ふり返り366日【08/7/12】/昭和18年の改称:

« 「政」と「官」の距離 ふり返り366日【08/7/11-2】/昭和18年の流行 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編23 子どもにとっての最大の不幸 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より