ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の成長学・教師編13 学校嫌いの合理性 | トップページ | 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 »

教師のオーラが届く範囲とは?/第81問




コネタマ参加中: 学校の座席。マイ・ベスト・ポジション!を教えて

 学校の座席のベストポジションについては,「絶対的好位置」と「相対的好位置」という二つの考え方があると思いますが,ネタの趣旨としては,「絶対的好位置」のことなのでしょう。

 たとえば,「教師の死角になる」→「内職・居眠りなどがしやすくなる」として,最前列の両端とか・・・。
 (ただしここは先生が邪魔で黒板が見えなかったり,黒板の逆側が角度があり過ぎて見えにくいというデメリットもありますね)

 一般的には,「集中して授業を受けたい」生徒が前を希望する傾向があります。

 「席が後ろから前に変わると成績が上がるジンクス」などを紹介すると,前を希望する生徒が増えたりします。

 学級全体が落ち着いていれば,全員が今,何をしているかが見渡せる「最後列」とか・・・。

 寒い冬には陽が当たる窓側とか・・・。

 一方で,「教師がどのように授業を展開しているのか」が分かる面もあって,興味深く読める記事もありました。

 授業中,教師は教室のどこを見て主に話をしているのでしょう。

 よくあるのは,うなずいたり,微笑んだり,動きや表情の豊かな生徒に目が行くパターンです。

 逆に,授業中,教師と目が合わない生徒というのは,「興味・関心・評価の対象外」という立場なのかもしれませんね。もしそれが座席の位置で固定的に決まってしまっているようなら,いい位置に移動したいところです。

 教師のオーラが届く範囲は前から何番目までなのでしょう?

 教室内をけっこう動き回る教師もたまにいますね。

 ところで,席替えで「マイ・ベスト・ポジション」に座れる確率というのはどのくらいあるのでしょうか?

 ちなみに,私が「席替え」で採用している方法は,希望の位置を第三希望まで書いてもらい,重なったときに一定のルールで優先順位を決めるための数字をそえた用紙を集めて調整するものです。

 これをやると,常に低位置,という生徒も出てくるのと,だいたい3分の1から2分の1くらいの生徒は第一希望で決まるのでおもしろいところです。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第81問】 
 昭和16年(1941年)の話です。
 紙芝居を児童教育に役立てようという運動が高まり,スパイ防止を呼びかけるなどの紙芝居も登場しました。この頃,全国にいた紙芝居業者の人数は?
 ① 1500人 
 ② 2000人
 ③ 20000人

*******************
ブログランキング 歴史

 【第80問の解答
 ③の忠犬ハチ公前でした。ハチ公の「終生変わらぬ忠節」にあやかるためだとか。

« 藤田晋の成長学・教師編13 学校嫌いの合理性 | トップページ | 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師のオーラが届く範囲とは?/第81問:

« 藤田晋の成長学・教師編13 学校嫌いの合理性 | トップページ | 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より