ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の成長学・教師編20 ともに成長できる教師集団 | トップページ | 自尊感情維持テクニックで防ぐ「いじめ」 ふり返り366日【08/7/09-2】/第89問 »

藤田晋の成長学・教師編21 マネジメント能力を高める

 セオリー№21 平社員でもマネジメントの視点を

 学校というところは、採用1年目から「私はなるべく早く管理職になりたい」などと言えるような場所ではありません。

 大学なら、「なるべく早い時期に教授になりたい」は「あり」かもしれませんが、公立学校でそんな「偉そうなこと」を言おうものなら、「いじめ」を覚悟しなければならないかもしれません。

 学校には、学歴逆差別もあります。真っ平らな組織には、逆に、「」「」の感覚に敏感なところなのです。

 大学院を出て教師をめざす人が増えてきました(採用試験に受からないからとりあえず大学院、という話もあるようですが・・・)。しかし、現場で「使えないな」というレッテルを貼られてしまうと、きついでしょうね。年齢も高くなっているので、期待の大きさとのギャップという背景も・・。

 とにかく現場で実績を出す。一人前と見られることが大事。教育現場はそういうところです。

 もちろん、学歴などに全くこだわらない(あえてだれも触れようとしない・・・そのため、先輩後輩の関係であることを知らない人たちも・・・)学校もあります。履歴書を見ることができるのは管理職まででしょうから・・・。

 教育現場は、いい歳になっても、「管理職はつらそうだから嫌、なりたくない」という人だらけです(それでは困る、という人も少数派です)。

 そういう教育現場でも、「マネジメント」の視点は、現場の「ヒラ教員」にも、絶対に必要なものです。

 このことの実感を得るのは、いくつかの特別の経験を経ないといけないのかもしれません。

 「この点について、校長はどんな決断をするのか。私なら・・・」と考える習慣が全くなく、常に管理職経由が最新情報で、常に「また校長があんなこと言ってら」という「批判専門教員」としての地位を固めている人には、そもそも「マネジメント」の意味も分からないかもしれません。

 ただ、実は教師の仕事は、そもそもそれ自体が非常に高度なマネジメント能力を求められているものなのです。

 教師のコンピテンシーでも紹介してきました。

 もちろん、無理に管理職をめざす必要はありません。

 ただ、仮に管理職になったと仮定して、それで成長がストップしてしまうような人はだめです。
 
 ヒラ教員としても成長できないでしょう。

 「マネジメント」には、そういう個人の「成長戦略」を立てる能力も含まれているです。

« 藤田晋の成長学・教師編20 ともに成長できる教師集団 | トップページ | 自尊感情維持テクニックで防ぐ「いじめ」 ふり返り366日【08/7/09-2】/第89問 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤田晋の成長学・教師編21 マネジメント能力を高める:

« 藤田晋の成長学・教師編20 ともに成長できる教師集団 | トップページ | 自尊感情維持テクニックで防ぐ「いじめ」 ふり返り366日【08/7/09-2】/第89問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より