ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 | トップページ | 「主体的な学習」を語るのはだれか ふり返り366日【08/7/03-2】/第84問 »

官僚と政治家の関係と教育の失敗 ふり返り366日【08/7/03】/第83問

 教育の中で「自治活動」を重視するとき,教師が子どもに丸投げしてしまうと,「自治活動」がない学校での教師と子どもとの関係(子どもが教師を頼る)と似たようなものが,子どもと子どもとの間にもできてしまいます。

 ですから,あるときは子どものリーダーシップが物を言う場面をつくり,表面的ではないことが多いですが別のところでは教師による強力なリーダーシップが必要になるのが,学校現場というものです。

 これは,政治家官僚の関係に非常に似ているかもしれません。

 官僚主導=いたれり尽くせりの学校で,子どもの自治活動,民主主義は必要なくなります。

 政治家主導=子どもたちによる自治が重視されますが,未熟だったり対立を生んだりして,ただただ混乱するだけでみんなが損をする結果に陥ることがあります。
 
 どのような関係がよりよい学校づくり,国づくりにつながるのか・・・・そのためにどのような関係づくりをするのか・・・・教育の失敗が今の政治を生んでいるという仮説が成り立つでしょうか。

08/7/03 「しつけの問題」?・・・子どもの行動を左右するものとは  はるえもんさんのブログで、「しつけの問題」って言われても・・・(1)という記事がUPされていたので、その趣旨を受けつつ、以下のようなコメントさせていただきました。

>はじめまして。
私は小学生と赤ん坊の父親で、教師です。
教師による教育ブログでも、このような発言(「しつけの問題」)が散見されますよね。
教師が「親の」しつけの問題、親が「教師の」指導力の問題として子どもの課題を捉えてしまえば、「教育」という行為はそこに生まれません。
問題は、親が自分のしつけの問題、教師も自分の指導力の問題だと気付いたときに、この親と教師にはどのような会話が成り立つのかということです。
私が実際に経験した三者面談で、保護者と私が互いに謝り合うという場面がありました。
間に入った子どもの表情は、うれしいような、恥ずかしいような、微妙なものでしたが、両者が自分のことに責任を感じて教育してくれているんだなあということを肌で実感してくれたのでしょう。
ある時期まで「手がつけられなかった」子どもは、「生まれ変わった」「見違える」ように頼もしく成長していきました。
保護者として、教師として、今後もそういう関係づくりをしていきたいと考えています。

 私が接してきた子どもの場合は、親や教師のはたらきかけよりも、小さい頃からの友達関係、交友関係によって、その行動がかなり大きく左右されているようでした。
 本当に荒れて荒れて仕方がなかった男子も、ちょっと優等生っぽい彼女ができてからは、何だかお行儀よくなってみたり。
 そこでもともとリーダー性の高かったその女子生徒を学年のまとめ役として鍛え上げ、「教師の指示は聞けなくても、○○さんの言うことなら聞く」という環境の中で、(直接的には見えない教師の働きかけで)本来中学生が学んでいくべきことを積み上げていった経験がありました。
 要は、「○○の問題」として片づけずに、「自分なら何ができるか」「自分以外のだれならうまくいくか」を考え抜いていく習慣が必要だということでしょう。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第83問】 
 昭和16年(1941年)の話です。
 岩波文庫の活字の大きさが変更になりました。何ポイントから何ポイントへでしょう。
 ① 9→10
 ② 10→9
 ③ 8→9

*******************
ブログランキング 歴史

 【第82問の解答
 ③の1000万機でした。

« 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 | トップページ | 「主体的な学習」を語るのはだれか ふり返り366日【08/7/03-2】/第84問 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 気付いたことに気付く時期 ふり返り366日【08/7/02-3】/第82問 | トップページ | 「主体的な学習」を語るのはだれか ふり返り366日【08/7/03-2】/第84問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より