ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の成長学・教師編12 好感度を高めるには | トップページ | 社会科のテストはどう変わるか? ふり返り366日【08/7/02】/第79問 »

リーダーをつくらない小学校 ふり返り366日【08/7/01-2】/昭和15年の変化

 とてもなつかしい響きのある,教師の一言。

 「自分より実力のある人間とつき合いなさい

 とてもメッセージ性の高い言葉です。

 あるブロガーは,自分よりも私の「実力がない」と判断した後,私のこの一言を忠実に守って,この記事へのコメントを入れるのをやめました。

 

「私を論駁なさりたいのであれば,私の指摘した矛盾が成立しないということを同じ論法を用いて証明なさらなければいけません。決して,教育観などに関わる問題ではなく,純粋に貴殿のご主張の論理性の欠如を指摘しています。教育観の差異に関しては,お互いに相容れないことが明白なので,貴殿と議論する価値を感じません」

 ・・・大学の先生と公立学校の現場の教師の話がかみ合わない理由がよく分かる見解ですね。

 なぜ「自分より実力がない」と判断した相手の言いなりにならなければならないのか不思議ですが,以下の誤解があったのも確かでしょう。

 「自分よる実力のない人間とつき合うのはやめなさい

 と言っているわけではないこの言葉に込められた思いは,文字では伝わりにくいようです。

 さて,社会の中で優れたリーダーを養成する仕組みをきちんとした形で担っている組織はどれだけあるでしょうか。

 単純に,テストの点数が高ければリーダーになれてしまう,そういう「秀才信仰」はさすがに消えつつあるかもしれませんが,「利他的リーダー」は自然に生まれてくるものなのかどうか。

 小学校の中には,「学級の代表」をおかないところもあるようです。

 近隣の中学校との話し合い・交流の中で,このような現状はどのように認識されているのでしょうか?

08/7/01 リーダーを育成する学校と教師  「自分より実力のある人間とつき合いなさい」  このことは、「生徒から学ぶ生徒」「生徒が生徒を育てる学校」という伝統がある私の勤務校では、昔から教師が口を酸っぱくして生徒に語りかけてきた言葉です。  この「力」というのは、もちろん「学力」だけとは限りません。たとえ一言で「学力」と言っても、それがさす「力」は非常に広がりがあるものです。  あえて誤解を避けるように言えば、「自分より個性の豊かな人間とつき合いなさい」という表現になるでしょうか。  「実力」「個性」とは、たとえば包容力なんてものもあっていいし、忍耐力、協調性、雑学博士、運動センス、・・・さまざまな「力」が子どもたちには備わっており、また、伸ばしていっているのです。  人は、自分が優越感を感じられるように、自分と同等か、似たようなタイプ、自分が優位に立てる自信があるようなタイプの人間とは容易につき合うことができます。  しかし、自分より優れていると見えてしまう人で、自分が下に見られそうだなと思ってしまうと、自分から近づいていくことは難しくなる。人が人から学ぶというのは、言うのは簡単でも、実際には難しいものです。  自治のさかんな学校というのは、そういう場面がたくさんできるよう、あらかじめプログラムされているというか、代々そういう経験ができるようなしくみができあがっています。  学校が「リーダー育成」を声高に目標に掲げると、「格差拡大を目論むつもりか!」という反論が出てきそうですが、子どもにリーダーシップが備わると、たとえば危険な行動をとっている仲間に対して、子どもの側から「危ないぞ!」「そんなことはやめろ!」という注意が促されるものです。  単純な一例ですが、リーダーがそういう態度に出たとき、「おまえは教師の犬か!」などと非難されるような学級経営をしているようでは、具体的な対案も出さずに世の中を批判することしかできない人間ばかりが増えてしまうことでしょう。  「子どもにそんな責任感をもたせる必要があるのか」と問われると、教師の力量に多大な疑問を抱えている私などにとっては、「あるどころの話ではない。それが学校を救えるかもしれない」とまで言い切ってしまいます。  以前に若干ふれた、「学校再建」「学校正常化」の最大のコツは、そこにありました。教師の力ももちろん必要でしたが、生徒が生徒を救ったのです。  公立中学校にいたときは、「学級委員ができるレベルの生徒が少なくなった」という嘆きをよく耳にしました。  こういうとき、即、「学級委員が育てられる教師が少なくなった」と読み替えられるかどうか。  公立中学校のピンチの背景として、子どもと教師、どちらに大きな比重をおくか。  私のスタンスは、これをあくまでも教師におくという前提で考えをまとめていくというものです。

*********************

昭和15年(1940年)がスタートのもの
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
○全国に先駆け,名古屋でマッチの配給制が始まる。
○全国に先駆け,高知で米の切符配給制が始まる。
○東京・隅田川に,船が通るたびに橋の中央部が跳ね上がる勝鬨橋が完成し,東京名物となる。
○東京市内に「贅沢は敵だ」の立て看板1500本を設置。
○文部省,中学校の制服を男子は国防色(カーキ色),女子は紺色と決める。
○アメリカで最初の高速道路が開通。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
*昭和15年に廃止・中止・禁止されたもの。
 ○調理用電熱器や家庭用電気冷蔵庫など,電気器具の使用が禁止される。
 ○三越,エスカレーターの運転を休止。
 ○東京府の食堂・料理店などで米使用を全面禁止。
 ○列車寝台の貸し浴衣を廃止。
 ○学生の劇場・映画館への平日入場が禁止される。
 ○文部省,修学旅行を制限するよう全国に通達。昭和18年以降は全面禁止。
 ○電力制限で広告灯・ネオンサインがなくなる。

« 藤田晋の成長学・教師編12 好感度を高めるには | トップページ | 社会科のテストはどう変わるか? ふり返り366日【08/7/02】/第79問 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 藤田晋の成長学・教師編12 好感度を高めるには | トップページ | 社会科のテストはどう変わるか? ふり返り366日【08/7/02】/第79問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より