ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« なぜ学習指導要領準拠の入試問題ができないか ふり返り366日【08/6/29-2】/第75問 | トップページ | 無駄を有益とする有害な人 ふり返り366日【08/6/29-4】/第77問 »

荒れの中でたくましく育つ子ども ふり返り366日【08/6/29-3】/第76問

 プロ野球でも,ピンチのときこそ力を発揮する,そういうタイプが一流選手となって,長くグラウンドに立っていられるわけです。

 高校野球や少年野球などでは,「ピンチに耐える」プレーができず,がたがたに崩れてしまうチームも見かけられます。いかにも練習をしてこなかったんだなという空気が伝わってくるものです。
 
 では,ピンチに強い人間になるためには,地道に努力を怠らないでがんばっていればいいのか,というと,そう簡単にはいかないのも現実社会です。

 新しい学習指導要領では,「習得」だけでなく「活用」を,そのためにも「言語活動の充実」を求めるようになっています。

 これは,ちょっと状況が変わるだけで,自分の力が出せなくなるような柔な人間ではなく,多少の状況変化には適切に対応して,それまで培ってきた力を発揮できるような人間になることを求めている,そういうイメージとしてとらえればよいわけでしょう。

 よく,学校が荒れた状態の中で,一方でとても立派な生徒が育っていくという状況を目にしてきました。

 これはあくまでも,教師がその荒れに適切に対応して,飲み込まれない状態が維持できた場合に限ってのことです。

 教師が荒れに流されたり,生徒に媚を売ることによって生き残りを図ったりするような学校では,決して起こらない現象です。

 平穏な状況が続く中でも,変化に対応できる生徒を育成するには,常により高い水準の要求を続けていくことが求められます。

 しかし,向上意欲の育成が不十分だと,「去年より厳しい」という愚痴になってしまいます。

 教師が子どもに対して見せつけるべき重要なことは「向上心」です。

 これを実践し,これこそが道徳教育とよべる学校が,どれだけあるでしょうか。

08/6/29 逆風のときに問われる力量【「朝令暮改の発想」より(その1)】

 私はこれまで、企業経営者の本を読んでも、あまく多くの共感を得ることはありませんでした。
 ただ、最近手にした鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長・CEO)著『朝令暮改の発想 ~仕事の壁を突破する95の直言~』(新潮社)には、教育失敗学にそのまま適用できる考えばかりが紹介されており、ここで取り上げる価値があると思うようになりました。
 さっと読んでこの本を購入することにしたきっかけは、「はじめに」の中で、

*********************
 チャンスをつかめるかどうかは、才能ではなく、ものの見方や、仕事の取り組み方にかかっています。世の中でいわれていることを鵜呑みにするのではなく、「なぜ、そうなのか」と常に問題意識を持ってクエスチョンを発し続け、自分で掘り下げて考える習慣を身につけることです。そうすると、日々起きるさまざまな出来事に対し、自分なりに理解力がついてきます。

 アゲンストのときこそ、取り組み方の差が大きく表れる。自分の仕事のフォームをもう一度見直す上で、この本が一つのヒントになれば、何よりの幸いです。
*********************

とあったこと。
 また、「仕事は毎日が瀬戸際」というフレーズ。
 まさに今の私は文字通り、瀬戸際です。ルーチンワークを除き、校務関係、教科関係、外部関係、合わせて約20のプロジェクトが同時進行で、常に結果が求められています。
 「人間は一度仕事でうまくいくと、その喜びの余韻にいつまでも浸ろうとする習性があること」、「仕事の中で惰性に陥る人がいること」は教師の世界でもよくあてはまり、惰性や妥協をなくさない限り、問題の解決は図れないという考えにも共感できます。
 「去年と同じ(内容、レベル、・・・意味はさまざま)でいいのでは」と言われることがありますが、それでは決して満足できません。
 冒頭のゴルフのたとえは秀逸でした。

 ゴルフでフォローからアゲンストに風が変わると、普通の人は「ついていない」と思う。
 アゲンストのときはボールの中心を打たないと、どこに飛んでいくかわからない。
 ということは、実力が結果にストレートにあらわれる。
 日ごろから熱心に練習し、正しいフォームを身につけて、技術を磨いていれば、アゲンストのときほど努力が報われ、努力を怠っていた人が出せないような成果が出せる。
 
 ただ、ゴルフは競技で一緒にプレーしていた人と競うスポーツですが、教育現場はそうはいきません。
 アゲンストになるともろくも崩れ去るような弱体化した教師集団では困るのです。
 「95の直言」の中には、当たり前のこともたくさんあるのですが(その当たり前ができずに苦しむ場合も)、教師の逆コンピテンシーにかかわる部分を取り出して考えてみたいと思います。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第76問】 
 昭和15年(1940年)の話です。
 このころになると,「節約ネタ」ばかりになります。
 大阪市が,資源確保のために捨てるのをやめたものとは?
 ① 役所や学校での使用済みの紙
 ② 動物の死骸
 ③ 火葬場の残灰

*******************
ブログランキング 歴史

 【第75問の解答
 ②の20倍,125万人でした。

« なぜ学習指導要領準拠の入試問題ができないか ふり返り366日【08/6/29-2】/第75問 | トップページ | 無駄を有益とする有害な人 ふり返り366日【08/6/29-4】/第77問 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« なぜ学習指導要領準拠の入試問題ができないか ふり返り366日【08/6/29-2】/第75問 | トップページ | 無駄を有益とする有害な人 ふり返り366日【08/6/29-4】/第77問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より