ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の成長学・教師編7 溝をなくす | トップページ | 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 »

数字のこわさ/昭和13年に宿題を全廃した自治体とは?

 読書ブログ 「100ページの1文」に,『数字の比較でわかるトンデモ日本』(主婦の友社)の一部を紹介しました。(→「数字の比較で見えてくるもの」)

 数字,統計,データというのは,文字情報の中では際立ってインパクトのあるもので,「日本人の平均年齢は世界の人の平均年齢より高い」と言われても「ああそうでしょうね」で終わってしまいますが,

 日本人の平均年齢は44歳
 世界全体の平均年齢は28歳

 こういうものを見せられると,「超高齢化」の進展でこの数字はさらに・・・と思うと,何だか落ち着かない気持ちになるから不思議です。

 学力調査国際ランキングも,ずばり○位とか,○位低下,とか書かれると,インパクトがあるものです。

 高校生の硬式野球部員は17万人
 そのうち,甲子園に出られるのは990人
 (平成20年)

 夏の甲子園に出られるのは,166人に1人。狭き門です。
 県別比較で有名なのは,人口の少ない鳥取県は予選に25校しか出ないのに対し,神奈川県は193校出ます。「1票の格差」ではありませんが,調整は難しそうです。

 日本の不登校の子どもは13万人
 初等教育を受けられない世界の子どもは1億2000万人以上

 なんだか誤解を生む比較の仕方ですが,その当たり,解説ではふれています。

 以下の二つの比較を並べると,「学力低下」問題は大人にも無関係ではない?

 30代男性の新聞を読んでいる割合
   1975年は80%
   2005年は29%

 小学生の1ヶ月間の平均読書冊数
   1976年は 4.3冊
   2008年は11.4冊

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第67問】 
 昭和13年(1938年)の話です。
 夏休み以降,中等学校・小学校の宿題を全廃し,いっさいの受験準備を厳禁するとした自治体はどこ?
 ① 東京市
 ② 大阪府
 ③ 京都府

*******************
ブログランキング 歴史

 【第66問の解答
 ③のスキージャンプでした。わが国初の全日本ボブスレー大会も,同年,札幌で開催されています。

« 藤田晋の成長学・教師編7 溝をなくす | トップページ | 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数字のこわさ/昭和13年に宿題を全廃した自治体とは?:

« 藤田晋の成長学・教師編7 溝をなくす | トップページ | 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より