ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の仕事学ーセオリー№2 マイペース ふり返り366日【08/6/9-1】 | トップページ | 学校教育の換気機能 ふり返り366日【08/6/10-1】/五輪初の聖火リレー »

集団の活動効率の低下 ふり返り366日【08/6/9-2】/白バイの前身は?

 清掃活動の昔と今を比べたとき,最近,あることに気付きました。

 一人の生徒に,あることを指示すると,その生徒は指示されたとおりにしっかりと清掃をこなすのです。

 また,日直などの立場で,一人で整理・整頓の責任を持たされたときも,かなりの確率でいい仕事をします。

 ただ,これが数人で構成される班で行う清掃だと,途端にできが悪くなってしまう

 そのできの悪さが,際立ってきたのです。

 チームとしての動きができなくなってきている。
 一人に全部任せてしまった方がまともにできそうだというレベルまで来ている。

 これは,リーダーを養成するという大きな教育目標の下位目標と具体的な指導方針がなかったことが原因だったと考えられます。

 責任の所在があいまいな集団の活動では,だれも責任をとろうとしないというのは,どの国にもあてはまる傾向なのでしょうか?当たり前のことでしょうか・・・?

 照れ隠しとかそういうレベルの感情の影響でパフォーマンスが下がる場面はいくらでも見てきましたが,それとは質的に異なっています。連帯責任がどうとか,そういうレベルでもありません。

 チームとしての活動効率の低下は,あらゆる場面の教育の成果に影響を与えそうな気がしてなりません。

 小学校などが大好きな「学び合い」が機能しなくなっているのでしょうか。 

 共同作業による成功体験は,「社会参画」にのぞむための重要な財産になることが考えられます。「やらされている感」を減らすためのよいパフォーマンスが集団内のリーダー等に求められています。

08/6/9 清掃指導にも適用できる生徒指導の大原則  清掃指導についての記事があったのでコメントを書き込んだのですが、何のリアクションもなかったので、消される前に自分の日記に写しておこうと思います。  
掃除の指導に限らず、生活指導には大きな原則があって、全体から個別へ、そして全体へ、という流れが大切です。  記事にあるような子どもの場合は特に、心のステップアップのためのハードルが高いですから、いきなり個へのはたらきかけというのはあまり効果が期待できません。  まずは全体のムードを動かしにかかります。  授業で教室に入ったとき、黒板がいつもよりきれいだったら、「今日はぴかぴかだな!チョークで書くのがもったいないよ」などと教師が喜んでみせる。  ゴミが落ちていなかったら、「このクラスはゴミを見つけた人が拾う習慣があるんだね」と刺激する。  「きれいな状態」「きれいでない状態」に対する関心を高めるところが、掃除指導の最初のボタンかけだと私は考えています。  そして掃除の途中で、箒の使い方が上手な子どもや、雑巾がけの丁寧な子どもに直接声をかけて、まわりの子どもにも観察させたりする。  だれの箒の使い方、雑巾の絞り方が一番上手かを競わせたりする。  なぜ清掃活動が大事なのかは、集団の中である程度関心を高め、一定の体験を経た上でないと、議論させても深まりません。  競争のような協掃。  クラスごとに、自分の組の清掃のこだわりを美化係に提言させたり、週ごとの重点目標を決めたりして、自治活動の中に清掃をしっかり組み込んでいくことが教師の役割であると考えます。
 このような提案ができる生徒(自治の学校の場合は教師が提案することは望ましくないので・・・)を育てたいものです。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第52問】 
 昭和11年(1936年)の話です。
 この年,警視庁に白バイが登場しました。それまでは何だったのでしょうか。
 ① 青バイ
 ② 赤バイ
 ③ 黒バイ

*******************
ブログランキング 歴史
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ

 【第51問の解答
 ②のコンニャク屋さんでした。

« 藤田晋の仕事学ーセオリー№2 マイペース ふり返り366日【08/6/9-1】 | トップページ | 学校教育の換気機能 ふり返り366日【08/6/10-1】/五輪初の聖火リレー »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 藤田晋の仕事学ーセオリー№2 マイペース ふり返り366日【08/6/9-1】 | トップページ | 学校教育の換気機能 ふり返り366日【08/6/10-1】/五輪初の聖火リレー »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より