ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編8 褒める効果は絶大 »

自由と迷惑 ふり返り366日【08/6/20】/金魚酒とは?

 煙草を吸う権利を要求する中学生にはほとほとまいりました。

 しかし,こういう行為にも非常に甘い日本ですから,「家で吸っていて人に迷惑をかけないならいいだろう」という親の言い分にも,毅然とした態度がとれない教師が多かったのです。

 薬物乱用の問題についても,犯罪被害者という立場を経験しない限り,その防止活動の意義が自覚できる教師・親は少ないかもしれません。

 薬物乱用防止教室というのを実施している学校はどのくらいあるのでしょうか。
 
 芸能人の逮捕の陰に隠れてしまっていますが,東京都の公立中学校の副校長も逮捕されています。

 人への「迷惑」がどんなことなのか,「自由」を求める自分の心への反省をどう促したらいいのか,・・・それは時間やお金に換算するのではなく,「心」や「気持ち」の問題として扱うという教育のスタンスは大切なのですが,結局効果がないまま,変化がないまま子どもが成長してしまうのなら・・・と舵がきられる日が来るのもそう遠くないかもしれません。

08/6/20 自由によって何を達成したいのかを問う教育  よたよたあひるさんからのコメントをいただいて、公立中での「ラッキーなこと」とは何か、と考えてみました。  生活指導のうち、服装指導は、一つの学校の中でも徹底するのは難しいものです。  よく生活指導のレベルは学校から生徒が帰ったあとの靴箱を見れば一目瞭然だと言われますが、きっと服装をいじっていない生徒が多い学年は、靴のかかとをふんでいる生徒も少ないことでしょう。  このような指導は、教師の中でも逃げたがる人が多く、学校全体がよくなるというのは異動がある公立学校では一時的な現象かもしれません。その分、荒れたときの修復にも時間がかかるものです。  どうしてそこまでして服装指導にこだわるのかと聞かれれば、「だらしない格好や汚らしい身なりを嫌悪する人間が社会にはいるものだ」ということを子どもにわからせるためです。  「自由の獲得」が目的になってしまっている人には、何を言っても無駄で、議論にはなりません。  「自由を獲得する目的」を明確にして、その自由が何を達成するための手段であるかを問う教育が求められているのだと私は考えています。  これはまだデータ数が少ないので仮説の段階ですが、同じ能力をもっていて、成績が高くならない生徒の共通点は、規範意識に問題があることです。  これが実証されれば、教師だけでなく保護者にも、規範意識を高めるような教育に力を入れるようになるかもしれません。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第68問】 
 昭和13年(1938年)の話です。
 市場に「金魚酒」というお酒が出回るようになりました。この名前の由来は?
 ① 金魚が泳いでも死なないため
 ② 金魚の養殖の業者が製造したため
 ③ 空前の「金魚」ブームが起こったため

*******************
ブログランキング 歴史

 【第67問の解答
 ②の大阪府でした。

« 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編8 褒める効果は絶大 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

コメント

生徒の煙草禁止は私も賛成なのでご安心くださいね(念のため)。
ご心配かけていたらすみません。

髪型・服装の自由の件ですが、
kurazohさんが君主でマキャベリが部下であったなら、
きっとマキャベリは、恨まれてはいけないとの助言をしただろうと思います。
それは恐喝などでは決してありませんので。
私は、友として、大切なkurazohさんのお役に立てばと思っています。
kurazohさんが生徒から恨まれることのないように、
元気に幸せに教師をつづけられますように願っています。

自由を獲得するのに「恨み」で相手を恐喝する方法もたしかにありますね。
多くの教師にはそういう恐喝も有効的なのでしょう。
犯罪行為や迷惑行為を取り締まることで「恨み」を買うおそれがあるのは警察官ばかりとは限りません。

こんばんは。
>煙草を吸う権利を要求する中学生にはほとほとまいりました。
kurazohさんでも、まいられることがあるのですね。
何かかわいいです。それで、そのような中学生には、どのように対応すべきなのですか?

>「自由を獲得する目的」を明確にして、その自由が何を達成するための手段であるかを問う教育
kurazohさんのお考えでは、やりたいことをやりたいようにやることのメリットは,
「自由」が保障されていることへの安心感とそのときの欲求が充足される満足感が得られることでしょう。
とのことで、それについて同意いたします。

自由が保障されることによって、生徒は、自由獲得のために時間とエネルギーを割くことなく、
そのための時間を勉強にまわすこともでき、自由獲得が学力向上につながる場合もあるでしょう。
もちろん、自由獲得で、遊びほうけてしまう生徒もいるでしょうかね。
人は十人十色ですからプラスにはたらく子もいれば、マイナスにはたらく子もいるということでしょうね。
教師が生徒の自由を侵害することにより、その生徒が、
一生その教師を恨みつづけ、不幸な人生を送り、果ては激しい怨恨により、殺人事件等にも発展してしまう可能性もありえます。

髪型・服装の自由を認めなければ、生徒などから恨まれて殺されるかもしれませんが、
髪型・服装の自由を認めたからと言って、恨まれて殺されることは、まずない(はるかに少ない)だろうと思います。
どちらが、真に生徒の幸せ(教師の幸せも)につながるかは、いわずもがなだと思います。
恨みを避けるためには、自由を認めることが賢明なことだと思っています。
私が尊敬しているフィレンツェ政庁の官僚であり、「君主論」や「政略論」で有名な政治思想家の
ニッコロ・マキャベリも言っていますが、恨みは避ける必要があると思います。
恨みは何としても避ける必要があると思います。
恨みを避けることは、教師やその家族の幸せ、生徒やその家族の幸せにつながるのですから。
私の経験から言えば、教師が生徒の人権(自由・権利)を侵害すると恨みを買う場合も多いと思います。

私も15歳のときに、人権を侵害してきた(暴力・暴言など)某教師を恨んでいますし、
kurazohさんも心底恨んでいる教師(恩師ではなく怨師)の一人や二人はいらっしゃるのではないでしょうか?
その教師がいなければ、私は今よりも幸せでいられたと思います。

私は、人からおそれられてもいいですが、恨みだけは避けなければならないものだと考えています。
kurazohさんも生徒の恨みを買わないようお気をつけくださいね。
それがkurazohさんのためにもなると思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由と迷惑 ふり返り366日【08/6/20】/金魚酒とは?:

« 大学から発信可能なこと ふり返り366日【08/6/20】 | トップページ | 藤田晋の成長学・教師編8 褒める効果は絶大 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より