ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 藤田晋の成長学・教師編2 多忙感をおぼえるレベルで成長度が変わる | トップページ | 教師の「飢え」とは? ふり返り366日【08/6/18-2】/第62問 »

大胆なノート ふり返り366日【08/6/18-1】/名古屋城の金鯱

 学力向上策を子どもに直接訴えるとき,私は「ノートへのこだわり」を第一優先にしています。

 これは,担当している教科だけでなく,どんな学習にも適用(応用)できることだからです。

 今までにも紹介しているかもしれませんが,ノートは,「大胆に使う」。

 一般的には「余白を大きく,後で書き込めるように」という指導がありますが,「大胆さ」というのは,それに限ったことではありません。

 ときには,一つのテーマでノート1冊を埋め尽くしてしまう

 私は,「石油資源」というテーマで新聞のスクラップを中心にした100枚ノートを2冊作ったことがありました。

 エネルギー・環境教育は,今後の学校教育でもさまざまな場面で扱われるものになるでしょうが,一つのテーマにこだわってとことん資料を集め,「何かをつかむ」経験が,いろんなところで生きていくでしょう。

 「大胆さ」は,教科によって,書き方をどんどん変える

 あるいは,同じ教科でも,単元によって,どんどん変える

 そんなノートの中から将来,「○○がつくった必勝ノート」などというタイトルで商品になるものが出てくるかもしれない・・・なんて幻想を抱きながら,オリジナルを目指して工夫する・・・。

 内容がほとんど頭に入らないような「整理されたノート」ではなく,内容が頭の中に整理されていく過程が見えるような「動態的なノート」というのが,「大胆なノート」の真骨頂です。

08/6/18 プロの教師と生徒のプロで創る授業 その4 本人なりのこだわりが必要   プロには、遊びと仕事の境目がありません。  プロの極みは道楽にあるとも言えます。  どんなに時間がかかろうとも、こだわるところにはこだわり抜く。  どんなに労力がかかろうとも、気持ち的に、全く苦にならない。  本物のプロは、人から指示を受ける前に、自分ですべきことができる存在です。  今日の日経の「文化」面には、写真では本物にしか見えない紙の甲冑づくりの名人の話が掲載されていました。  本業はうどん屋さん。  「注文を受けることもあるが、丁重にお断りしている。プロではないので頼まれ仕事は苦手で、強い衝動がないと作れない。」  丹精こめた作品が国宝の神社などに納められ、大切にされると、本当にやりがいが感じられると言います。  「頼まれ仕事は苦手」といっても、プロに負けない「強い衝動」で優れた作品が生み出されていく現場の空気を、ぜひ子どもたちに感じる機会を設けていただきたいと思います。

 学校の勉強を、うまく「趣味の世界」に重ねていくことが、生徒のプロです。
 生徒のプロは、大勢で一人の教師に向かって学習しながらも、自分の流儀の何かを実践しています。
 そして、最も集中してその流儀を実行できるのは、一人で机に向かっているときでしょう。
 どうしてそんなことに時間を使うのか、他人にはよく理解できないことに没頭できる内容をもっている生徒はどんどん伸びていくものです。
 それが本来の目標に近づくのに最短距離でなかったとしても、目標にしていたことの定着度が格段に違います。

 最短距離だけを教える塾では生徒のプロをつくれませんが、まわり道をたくさん知っている多くの講師に恵まれている塾は伸びる生徒を育成できるでしょう。
 私が教育実習生に簡単に「よい授業」をさせない理由はここにありますし、簡単にできる「よい授業」の仕方を聞いている人を軽蔑する理由もここにあります。

*******************
昭和の家庭史トリビア?【第61問】 
 昭和12年(1937年)の話です。
 1月4日に名古屋城のあるものが盗まれました。それは何?
 ① 金鯱のうろこ 
 ② 金鯱の尾ひれ
 ③ 金鯱の目玉

*******************
ブログランキング 歴史

 【第60問の解答
 ③のシーツでした。結婚ブームで新婚さんが使用したことから普及したようです。①は昭和2年頃,②は昭和7年のことでした。

« 藤田晋の成長学・教師編2 多忙感をおぼえるレベルで成長度が変わる | トップページ | 教師の「飢え」とは? ふり返り366日【08/6/18-2】/第62問 »

教育」カテゴリの記事

歴史学習」カテゴリの記事

昭和の家庭史」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大胆なノート ふり返り366日【08/6/18-1】/名古屋城の金鯱:

« 藤田晋の成長学・教師編2 多忙感をおぼえるレベルで成長度が変わる | トップページ | 教師の「飢え」とは? ふり返り366日【08/6/18-2】/第62問 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より